2015年5月12日火曜日

ジャイアンに好きなようにされてたまるか


安保法制の関連法案 与党協議で合意


きのう、車の中でニュースで聞いた。

今朝の新聞見開きで、通った法案の全文を見た。



まだちゃんと読んでないけど、さらーっと見た感じ、

戦争したいんだねえ。

しかも、国会内での審議なしに与党(政府)だけでイクサする・しないを
自由に決められるようになりたいんだなあ(´・ω・`)

と思わされる、文面でした。


ジャイアン☆じゃん。


もう、読みながら胸とオナカが痛くなっちゃったよ。


怖がったり怒っててもしょうがないから、
具体的な希望の未来像を描いてそっちに向かうしかないけどね。






わたしはお仕事で、お年寄りのお話を聞く機会が多いんですけど、

最近は、戦争時期に15歳ぐらいで、
軍に志願していった男の人のハナシをよく聞いてる気がする。


予科練にあこがれていて、
イチバンなりたかったのは特攻隊だったって。

理由は、勇敢で恰好いいから。

制服も恰好いいから。

理由は、ほんとうに子供のものって感じがするんだけどねえ。



軍に志願していった以上、

「自分の命は一銭五厘よりも軽い」
「三銭の切手を受け取ったんだから、自分の命は軍のもの」

そんな話を聞いて、
もうほんとうに耐えらんないと思いました。


だって、心底そう思ってたんだろうから。
家族であれ、恋人であれ、止められないじゃない。

結果、その人の爪と髪の毛だけが帰還したとしても、どうしようもない。



男の人の、
勝ちたい・人より強くありたい・上にいきたい・プライドを守りたい…

というシンプルな性質は、

平時ではかわいらしく、時々は可笑しさすら感じられるものだけど、
イクサになったらどうにでも利用されてしまうな、と感じた。

それが、大切な誰かや故郷を守るためであっても。




わたしはわたしの普通の日常を誰かに壊されたくない。

守らないといけない。

わたしたちは、平和のうちに生きなくてはいけない。心の中も。
結局はソコからスタート。






にほんブログ村 ファッションブログ パーソナルカラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ホリスティックライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


応援クリックありがとう!うれしいです(*'ω'*)





0 件のコメント:

コメントを投稿