2015年9月26日土曜日

わたしがサボるなんてありえなかったけど今はインチキしてます


こんばんはー ruです(*´▽`*)



シルバーウィーク終わってまた土曜かー

最近、お仕事もなかなかの手抜きっぷりで、
ストレスがなお一層ゼロに近づいているので、あんまり関係ないけどねー




とかゆって


さぼるのに慣れてないから、罪悪感あるけど。


わたし、本当にマジメだったから。


キマジメと言ってもいいくらい、
手抜きとかさぼりとか不誠実とかインチキとか、そういうの嫌いだったの。



たぶん母上の影響が大きいんだと思うのだけどね。


夏休みの宿題とかですら、
全然やらないかマジメにやりきるか!

ゼロか百かの究極の二択っぷり!!!(´▽`)



ほどほどに、不可もらわない程度に力入れずにやって逃げ切るみたいなこと、
やったことないんだよね。


だってそういうのって、悪いことだと思ってたからね。



自分が正直で誠実ないい人間だと思っていたし、

ずるい人が得をして、真面目な人がバカ見る世界なんていやだーーーーと思っていた。



許せなかった。

めっちゃジャッジしまくっていた。



でも、そういう考え方だと、疲れるんですよね。


疲れた。

しょっちゅうから回ってたし。



じぶんが息苦しい。



よく考えたら「マジメに正直に、という生き方こそが正義」なんて、誰が決めたの?だよ。



だーかーら、

そろそろ善悪のジャッジも手放したくなったし、


ほのかに罪悪感が主張しているのも感じながらも、
わたしはフマジメでずる賢い、サボり人間になってみているのです。



つまり、サボって手を抜きながらもお金はしっかりもらう、という意味ね。



以前のわたしが、「そんなこと決してしてはいけない」と思っていたこと。





……すると結構、たのしいんだよね(*´▽`*)笑

サボってんだからさ、楽だし。

あと自分がずるしてると、人のことも責めなくなるよね。
いい加減だったり、へましても、別におっけーみたいな気持ちになるよ。




ただ、ほのかに残るこの罪悪感が、

ココロからのものなのか、
未知のチャレンジに抵抗する習慣エゴの断末魔なのか。



もう少しチャレンジを続けて、それから再度方向性を考えてみようと思うよ。





そういや、ヒプノセラピーを受けたときにも、
「意地悪な人には意地悪で返していいんですよ」みたいなこと言われた(言った)な!

それもありえんと思ってたわ。


悪意を投げられても誠実にいたい、と思ってた。


でも聖人になんかなれん。

我慢して押さえつけても、
結局は胸とオナカにどんどんどんどんヘドロのように溜まっていくだけ。


時間が経ってからヘドロさらいするのも大変なもんだ。


それくらいなら、

嫌な感情が出てきたら自分で感じ切るのも大事だけど、
ありえんくらいに腹立ったら冷静に怒りを放出するのもいいなと思う、最近。




みんながそんなことしてたら社会は大変なことになるよ、
うまくまわっていかないよ、

うん、そうかもしれん。



いい加減なことばっかりやってたら罰が当たるよ、
天は見てるよ、


うん、ほんとだよねー。怖いよー。




でももう少し実験を続けて、

自分の中の偏りがシャッフルされて価値観が柔軟になってから判断するよ。




いい人間より、目くじら立てない柔らかいじぶんに、今はなってみたい。





にほんブログ村 ファッションブログ パーソナルカラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ホリスティックライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


応援クリックありがとう!うれしいです(*'ω'*)




0 件のコメント:

コメントを投稿