2015年10月17日土曜日

「酔拳2」を観て、改めて自分のタイプに気づく

by scotbot

lovely♡

今日はBSでやっていたジャッキーチェンの映画を、
二本立てぶっ続けで観ました。


「レッドブロンクス」と「酔拳2」


我が家では、母がアクションものが好きなので、
ちょうど二十年ほど前はジャッキー主演の香港映画をたくさん観ていました。

(ハリウッドならメル・ギブソン、ハリソン・フォード、ブルース・ウィルス、シュワちゃん、有名どころ全体的に)

なので懐かしかったー


幼かったわたしはジャッキーの映画で、
初めて香港マフィアというもの、というかマフィアの恐ろしさに触れ、笑

この世にこんな恐ろしいことをする人たちがいるんだ!( ;∀;)
と驚愕したのですが、

最も鮮明に覚えていたのが上記「レッドブロンクス」のワンシーン。


…説明するのもエグいので、カット。





で、一方の「酔拳2」ですが、
コメディ要素満載で、改めて観るとときめきました♡(*´▽`*)


特にジャッキー演じるフェイフォンの(継)母親リン役アニタ・ムイが最高!!!!

笑えた(*´▽`*)


拳法の達人で医者で、すっごいマジメな父ケイインと、リンとのやりとりが珍妙で
コミカルでいいんだよねえ。

ケイインはどうしてリンと結婚したのかなーとか、
逆はどうしてかなーとかいろいろ考えちゃったよ。クセですね。


リン憧れ!笑

あの悪びれない感じ最高!


映画観ながらネットでググると、
享年40歳となっていて、今更ながらショックを受けました。

いっぱい作品見てみたかったな。




そんでフェイフォンにもときめいたー♡

フェイフォンにというか酔拳にかもしれないけど 笑


わたし、
ふにゃふにゃしていて強いとか、あほみたいなのにキレキレってのにすごく弱くて。

惚れてまうやろ。





中・高校生の頃、社会の資料集に、
歴史上の偉人のヒストリーとか言葉とか載ってたじゃないですか。



わたしがすきだったのは、老荘思想。

「上善如水」

なんだか分からないけどとっても格好いいと思った。
これ、なんかキュンとくるわーと思っていた。


あと、
ヘラクレイトスの「万物は流転する」のページも何回も見たね。


ほかのギリシャ哲学とか、
ほかの中国の思想はあんまりしっくりこなかったけど、


この二つに関しては、(説明文もほぼ無いに等しかったけど)

とっても自由な感じがするっていうか、
むしろ足場がふとなくなって無重力状態にあることに気づくというか、
無駄な力みがとれて視界が一気に開けるというか…

よくわかんないけど本当のことをゆってるね!って気がしていた。


(諸行無常とかはちょっとね、同じことゆってても哀しいからなんかね)


だから、好きな言葉はなんですかーとか聞かれるとこの二つが浮かぶのですが、
答えるのに躊躇する自分がいます。笑

特に就活のときとかさ。


「努力は報われる」とか書いたほうがいいのかなとか 笑



でもさすがにそれは思ってないので書けないので、(´_ゝ`)
「案ずるより産むが易し」って書きましたけどね。



わたしにも一応常識ってあるんですよ!笑


だって反社会的ではないけど、完全社会の外の人の考え方だもんね…

組織に雇ってもらおうとしたときに書くべきじゃないもんね…




まあそんなことを、「酔拳2」見ながら思い出していました。
やっぱセンスというか、人の好みって変わんないもんなんだなーと。

当時、儒教の教えがしっくりきていた子供っているのだろうか。

孫子が好きとかな。


いたらきっとわたしとはまるきり違う人生選択をしているんだろうな。


わたしは結局酔拳にきゅんとくるタイプの人間だったということだ。


いかにも社会的に成功できなさそう…

って、成功しようと思わないのが老子っぽさなんだよ!
まだまだ道は遠いぜ…





どの道においても道半ばな ruに応援クリックよろしく!!!

にほんブログ村 ファッションブログ パーソナルカラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ホリスティックライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

さんきゅー ××× (^ε^)-☆Chu!!






0 件のコメント:

コメントを投稿