2015年11月4日水曜日

「理想の暮らし」を考えると「理想のパートナー」の条件まで浮き上がってきた

photo by StephaniePetra

理想の暮らししてるじぶんてこんな感じ♪
きゃっほい♪


♦理想の暮らしってどんな感じかな。




好きな時間に寝て、好きな時間に起きる生活。


なので、一般的なサラリーマンとして働いてはいない。
フリーランス、自営業者が基本で収入を得ていたいね。


もし早朝に目覚めていたら、水を飲んで外に出て、


庭つきの小さな一軒家が理想。



んで、先に目覚めていたパートナー(恋人♡)と一緒に、その辺を散歩に出る。


ビーチで朝日の中、ぼーっとしたり水の中でばちゃばちゃしたりヨガしたり。


家に戻って、フルーツや野菜スープで朝ごはん。



わたしは基本家で作業する。

コットンやシルクやカシミアなどの着心地がよくて美しいシンプルな服を着て、

家事、または外部と接触のある何かしらの仕事。創作。



部屋にはお気に入りの写真や絵が飾られていて、

いつでも心地いい音楽が流れ、
アロマやハーブ、料理中の食べ物の匂いが家中に漂っている。


庭には、手入れのされた地植えの植物やプランターがいっぱいあって、
それを摘んで生活の中で使っている。


時々は外で対人のお仕事。



夜は、誰かを招いて食事。
簡単な料理と軽いお酒で、ゆったり過ごす。


星や月、雨を見たり。
風や虫や動物の鳴き声を聴いたり。



そんで眠くなったら寝て、眠くならなかったらずっと起きてる。






♦「なんでそれしたいの」を繰り返してわかったことは。



なんで?を繰り返してみたものの、

わたしの答えはすぐに「自由を感じたい」「直感を鋭くしてクリエイティブでありたい」「気持ちいい」「好き」に収束してしまい、

あんまり深められずちょっと残念ですが、

書いたものを眺めると、わたしってこういう生活が理想なんだなとつくづく感じます。


わたしはとにかく、五感に気持ち良く穏やかに過ごしたいみたいです。

地味かもしれないけどアートと自然に囲まれて、感性は子供のようでありたい。

その中で直感を磨いて「悟り」に近づきたいし、笑

クリエイティブになって創作もしたい。

あと絶対隣にパートナーがいてほしい。必須。



photo by chelseashell

理想の書き出しというより、もはや願い事


何度も書いていますが、

自由でいたい、ずっと夏休み気分でいたい、って気持ちが強いです。

縛られたくない!っていう考えに縛られているともいえますね。


なるべくマイペースでいたいし、
納得できないルールに合わせて動くとすごくストレスがたまる。

そのくせ、人が好きで興味しんしんなんだけどね。


集団や組織に合わせられない、
社会性が欠如した部分があることを認めざるを得ません。


前は否定すべき部分だと思っていましたが、
今はわたしの性質と思って受け入れています。仕方ないにょ~。




なるべく穏やかで自由な気持ちでいたいので、
都会で人が多い場所よりは、自然の多い田舎がいいですね。

でも閉鎖的ではなく、少し開けてきた感のある田舎…みたいな。笑


で、今は海の傍に住んでいるので、朝はビーチに散歩…と書きましたが、
経験したことのない、山や湖が傍にある生活にも憧れます。


アウトドアアクティビティが日常的にできたら楽しそう。


そしてアパートやマンションよりも、一戸建てに住みたいですね。


建物自体は古くても構いません。

ただ、庭はあったほうが嬉しいな~

土いじりしたいし、庭で食べられる野菜やハーブや果物を育てたい。
コンポストで野菜くずが土に戻っていく様子を見たい。

できたらハンモックがほしい。


友人がきたら外でバーベキューをしたいし、
友人がこなくても、パートナーと外でお酒を飲んだり冬は餅焼いて食べたりしたい。



そうそうそう、

わたしにとって、友人たちが来てくれやすい空間を作るというのは大事なことらしく、
全国や海外から気軽に会いにきてほしいと思っているのでした。


むしろ、知らない人も泊めたいくらい。

仲間、を全国いたるところにつくりたい。



今は実家暮らしですが、
まあ昔から友人を呼びやすい家ではなかった。

それは、母が「だめだめなところ」を他人に見せるのを良しとしないことが大きいんですが。



なので、いつか一緒に暮らすパートナーを選ぶときには、
「人を家に呼ぶことに抵抗がない/むしろ好き」であることは重要だと感じました。

今はパートナーのパの字もありませんが、(´;ω;`)ウッ…


こうやって暮らしの理想を書き連ねていくと、
パートナーに求める条件までもがだんだん明確になっていきますね。



わたしがふわふわして夢見がちで計画性と論理性に欠ける分、
地道な努力ができて計画性のある、理性が強い人に惹かれるのですが、

それでもやっぱりガチガチで資本主義+勝ち負けの思想を掲げる人は
合わないだろうなと思います。


だって、わたしは今書いた理想を諦める気がないんだもん。


もし好きな人がcity boyだったら、結局は別れると思うし。
価値観を共有できる人がいいな。


(´▽`)



そんなわけでいつも通り徒然書いて参りましたが、

前回の日記の通り、

理想を考えろと言われても、現状の枠を外して考えることを怖れてしまうことがわかり、

でもそれに負けずにとにかく想像してみると、
人生の方向性がクリアに見えてくるかもしれません。



わたしの場合は、好きな時間に寝て起きる生活が理想。


それを現実にするために、
努力というか意識改革が必要みたいです。



でも、固定で八時間労働を前提に「身近な理想」を描くよりはるかにやる気出てきました。

うん。




でもこれ「片づけの魔法」の下準備なんだよね 笑

どうやってお片づけのプロセスに活用するかね~(´▽`) 読んでもらったのにすいません…



とりあえず、自分の望むビジョンを言語化したことには意味があったと思う。


で、終わりっ。




ruにとっては上記が理想だけど、そんなの理想じゃないやい、って人もいるんだよね…ふしぎ。

お互いビジョンに向かって進んでいこうね。
クリックお願いします。

loveさんきゅ×××

0 件のコメント:

コメントを投稿