2015年12月9日水曜日

「それ誰の人生?」 自分の人生がつまんないやつはもう死んでしまえ、ていうかもう死んでる

Little_Li


わたしがこのブログを始めたのは、

自分の人生に飽きてしまいそうだったからです。




あるとき食器を洗いながら思いました。


このままいったら、非正規労働で働いてどっかで誰かと出会ってもしかしたら結婚してパートに出たりするのか?そんで時々は喧嘩しながらも、まじめに旦那さんの給料をやりくりして子供を育てたり?

それとも公務員になるために勉強して試験を受けて、受かったら「安定」だけを理由にその仕事をするのか?親や親戚は喜んでくれて、よかったね?



別にそれが悪いわけじゃない。

全然悪いわけじゃないと思います。

もしそれがその人が望む、納得できる生き方だったら。




でもわたしは、


うそうそうそ 待って!!!

絶対ムリ!!!!!!!!!!!!!死んだ方がまし!!!!!!!!つーか今死んだ方がまし!!!!!!!!!!!!

って思いました。


それ誰の人生????って感じでした。


飽きるっていうより、一瞬絶望して膝かっくんしそうでした。

恐怖でした。



このままいったら、

自分の意思とかなくて周囲が言ってくることに反応して反発して、

揺れて動いて、でも仕方ないから時々泣いたり文句言ったりしながら、このままいったら


そうなっちゃう。


その可能性が一番でかいんだ!!!!と思ったらもう驚愕しました。


どうにかして、
なんとかして少しでもその方向、ベクトルをずらさなければいけない。


楽しい方向にです。

わたしが毎日笑える方向に。


人生に飽きてしまわないように、何か手を打たねばならない。



そんな感じで始めたことの一つが、このブログです。



だいぶ切羽詰まっていたわたしの心情がわかるでしょうか?





もとから、書くことは好きでしたし表現することも好きでした。

コミュニケーションも好きでしたし、美しい写真も好き。

PDや骨格の話も好きでしたし、ストレスがあった日にはそれを発散できる場としても有効。


片っ端から自分の好みや趣味を詰め込んでいきます。


だから、「star green ちきゅうはじっけんしつ」は、わたしのための憩いの空間です。


わたしはわたしの文章が好きなのです。

一番の読者は自分だと思います。



それだけでもわたしにとっては大きな利益だったと思いますが、

書けば書くだけ自分のみっともない部分を受け入れて好きになれる、ということは意外な副産物でした。



ごめんなさい、

公共の場を使って自分を好きになって。笑



でも少しずつビューの数が増えてくると、
皆さんの反応とかも気になるようになってきました。


知らない人が読んでると思ったら、怖い…って思ったときもありました。


意図したのと違う受け取り方をされているかもしれない、
知らない他人であっても、嫌われたくないからちゃんと言葉遣いに気をつけねば!!
と思って頑張ったこともありました。

(頑張れてたかどうかはわからない)



でもそんなの自分がつまんなくなるんですね。

せっかくの憩いの場が憩いの場じゃなくなる。なんのための「じっけんしつ」??

また飽きてしまう。



ruが一番怖いのは、じぶんに「つまんねー」って思うこと。

やりたいこと、自分の気持ちがわからない、ってなること。

じぶんの人生を「誰のもの?」って思って、絶望すること。一瞬だけで充分、もう嫌だ。

そんなやつは今死ねばいい。




今は、現実でも笑ってごまかしたり嘘をついたりしないようにしています。

わたしにとって一番大事なのはわたしだ!
と叩き込んでいる最中です。

まだまだ腰が引けていて、ダサいと思われてもしょうがないレベルですが。

ほしいものを選びとり、要らないものを捨てる。
会いたい人に会い、望まない誘いは断る。

とても怖いこともあるけれど、非常にスリリングで少なくとも飽きない。

怖いことをやるのが、人生を楽しくするコツなんだと最近学びました。

それをしないのは、手抜きなんですね。


ここでも、そうしたい。

その中で、誰かと繋がれたり何かを渡せたら、それ以上の喜びはない。




このブログはわたしの帝国です。憩いの場です。遊び場です。じっけんしつです。

良かったらすこし憩っていってください。








0 件のコメント:

コメントを投稿