2016年4月11日月曜日

「自分に集中」の成長痛。ひとりぼっち感は幻と知っていても。

by 201408232200
もうすこしで掴めるはずなのに



最近落ちてます。


新月、前回の記事書く前くらいから、
なんかからだが重いな~変だな~って感じていて、いまだ抜けきってません。



体調悪いってわけじゃないんですけど、気分のキレが悪いです。


この土日は、基本家でだらーっとしてました。

寝たり、部屋掃除したり、食べたり。



理由はなんとなくわかります。


今は孤独感が強くて、
人に「わかってほしい」「わたしをジャッジしないでほしい」って思ってるんです。


今自分の中でエネルギーがぐるぐる変わってて、
それに対応しきれてなくて、
何よりそれにまだ慣れてないから不安。


だから、誰かわかってほしい。

同じような状況の人と「わかるわかる」「だよね」って言ってほしい。



でも、そういう風に思って、
誰かに期待しても基本は裏切られるってことを経験しました。


「内側にフォーカス」の意味、

こんなにきついんだなーって思ってます。



自分が、自分の変化のあれこれを受け入れられてないときは、
外側にそれを期待しても無理。

何を言われても、
「わかってもらえない」「ジャッジされてる」って感じてしまう。

それは自分の中身のもんだいだ。


誰か「それでいいんだよ」「OKだよ」って言ってほしいときは、
まず自分で自分にOKださないと。



特にたぶん大きな変化が起きてるときはそうなのかもしれないと思う。

いや、勘違いかもって思う自分はいますよ。



だけどそうかも。



自分がそれでいいのか不安で、
今までにはなかったような体験の渦中にあって、

だからこそ外側にOKを出してほしいと思うんだけど、

そんなときこそ「自分に集中」。



いやあ、めっちゃしんどい。



そういう風に、ひそかに戦ってる(自分だけに集中しようとしてる)人が、
日本中に実はたくさんいるんだ、

って思うことだけが救いになってる。



この種類の孤独は、いったいなんと呼べばいいんだろうね。



成長痛?笑










0 件のコメント:

コメントを投稿