2016年4月15日金曜日

わたしは誰の世話もしたくないし助けたくもない、ってやっと明らめた!冷たくてドライで結構です。

by jeronimoooooooo
不都合な真実でも、嘘よりは美しい。

わたしには年の近い弟が二人いますが、
五歳下の弟が生まれたとき、
二歳下の弟は赤ちゃんに興味しんしんで、一緒に赤ちゃん用ベッドに寝るくらい可愛がっていたらしい。

そういう写真も残っているし、
両親が懐かしそうに言うから間違いない。

ちなみにわたしは、たぶんほとんど興味なかったんだと思います。
お絵かきとか絵本を読んで自分の世界に浸っている方がずっと好きで。
弟が生まれてうれしいい♥という感情が全く記憶にない笑
親も、わたしについては特にコメントはありません…


でね、
親がそのことを懐かしそうに言うたび、
「小さい兄弟に興味がないなんてruは意地悪な子、女の子なのに」
と言われているような気がして、心がチクチク痛むのを感じてました。

わたしにとっては嫌な話題。
責められてるわけじゃないのに、自分自身が責めるから。



で、小学校中学校高校生とかになっても、
親戚の赤ちゃんとか見てテンション上がることもない。

年下のいとこ(女子)が、「抱っこさせて~(*´▽`*)」と満面の笑みで赤ちゃんのそばに走っていくのを見て、「わたしにはできない…」と思ってた。
ひそかに凹んでた。
「抱っこしたい!!!!と積極的に思わない自分は可愛くない女の子なのでは」
と思ってた。


んでね、
それ自体がこじらせなんだけど、
たぶん、「女の子=小さくて可愛いものが好き=赤ちゃん好き」という、
社会からの刷り込みに、
じぶんから合わせていこうとしてたんだと思うけど、
苦しかったよね。



別の面で言うと、


わたし結構優等生だったから、
小学校の頃とかは、「○○のこと助けてあげてね」みたいな感じで、
先生に同級生の「世話」を頼まれることあったのね。

でも、そのときの感情と言えば「なんでわたしが?」だったからね。

他の子が、「甲斐甲斐しく」「面倒を見て」るのを見て、
「やべっ、わたしもやらなきゃ(やってる風に見せかけなきゃ)」って思ってたりはしたけど、
本質的に世話焼きじゃないから、相手が求めていることわかんないよね。




と言ってもね、
わたしがいかに嫌なやつかを皆さんに知ってほしかったわけでは、
もちろんございませんよ!!!



これも最近思い出して、

「あーわたしこじらせてたんだなあ、無理してたんだなあ」
って気づいたことの一つで、

結構大きなパッカーンだったのです。




わたし、人から「ドライ」「飄々としてる」って言われるんですけど、
それ自体は別にどうってことないんですけど、

「冷たい」「優しくない」って思われてるかも?
って自分の中で思った瞬間、
すごいテンパることに気づいた。

どーしよどーしよってなる。


だから、たぶん人より、「優しいって思われたい」気持ち強かったんだろうね。

「世話好き」な人、めっちゃうらやましかった。愛情深く見えて。
そうじゃない自分と比較しては自己嫌悪。



でもさ、

わたしは結局「人に興味ない」んだよ。

噂話とかもどうでもいいし、
自分が興味のある人にしか興味ないんだよ。

「面白い人/面白くない人」というカテゴリーに人を入れて、
世界を見ているんだよ。

わたしたたぶん本質的に「助ける」ことにも「お世話する」ことにも興味ないんだよ。

誰の世話もしたくないし、興味ない。


多少ある、わたしを必要としている人に何かを与えたい、という気持ちはきっと後付けで、
わたしは「面白い人」「面白いこと」だけと関わっていたい。



性格悪い、っていうか冷たいかもね。

冷たいって感じる人もいると思うんだよ。

女性らしくないって感じる人もいると思うんだよ。



わたし、今まで、自分では「優しい人」だと思ってたの。

なぜなら共感性がすごく高いから。

でも、「優しい」と「共感性が高い」はたぶん違うんだろうね。



わたしの場合は、
悲しんでいる人が傍にいると、わたしまで悲しくなるから、胸が痛むから、
悲しまないでと言いたくなるだけ。

誰かがいじめられて泣いていると、
わたしまで体中が痛むから、いじめっ子に「やめて」と言う。

怒ってる人がいると、
その人のエネルギーに即影響を受けて、落ち込んだりする。

それだけのこと。


だからって、その人たちのために身を投げ出して時間を費やして尽くしたいとは、
つゆほども思わないんだ。

可哀想とも、助けてあげたいとも思わないんだ。



むしろ、

「あなたをもっと見せてよ」って感じ。

「あなたもっと素晴らしいんでしょう?その特徴を見せてよ」って感じ。

「うっわ、すごいな宇宙、いろいろあるね、世界は広いわ(笑)」って、
好奇心を満たしたいだけだった。



ニュースで悲しい話が流れると、
一瞬で涙が出てきてしまうけど、優しいからじゃない。
わたしの場合はただの身体反応。

痛い痛い痛い、っていう人の痛みが、自分のものとして感じられるだけ。

人が泣いているときのエネルギーが、
わたしの上に乗っかってきて、苦しくなるだけ。



誤解してた。


こじらせてたわ、社会通念とごったにして。


わたしは誰の世話もしたくないし、優しくもないし、助けたくもない。

わたしは興味のあることだけやって、
面白い人と絡んで、
もっといろいろ見て知って遊びたい。


わたしにとって一番興味があるのが、人の感情と成長と変化だから、
人が素に戻っていくプロセスだから、
それに関わりたいだけ。


わたしは誰のことも助けたくないし、世話なんかごめんです!!

生まれたときからそうなんだ。

今は赤ちゃんも子供も好きだけど、それはあいつら面白いから。
見てるだけで面白いし、同級生みたいな感じ。

お年寄りもそう。面白いから接している。面白くないお年寄りは興味ないです。←




わたしにとっての愛は、
相手を尊重すること。認めること。信じること。

人それぞれ、を受け入れてもらえること。

それがドライに見えるとしたら、
そう思った人はわたしにとって「面白くない人」だから、
無視してればいい。


そう思った。


わたしはわたしの個性のまま生きるぜ。




自分が小さい頃から赤ちゃんや小さい子やお年寄りが好きで、
なんとなくいつでも人のお世話をしてしまう、
それが癖だし得意だし好き、って方は、どうぞそのままで(*´▽`*)


わたしはそんな友人たちに助けられ、
今まで生き延びてきました。

すごく感謝しています。

わたしはあなたたちに憧れていますが、そうなれませんでした。
種類が違うっぽいです。

これからはあなたたちを尊敬したまま、自分らしく生きていきます!
今後ともよろしくです!







0 件のコメント:

コメントを投稿