2016年5月1日日曜日

好みのインテリアに自分を見る

ハンモックと植物と祈り。
ときめく。

ruは18歳くらいのときからスクラップ帖を作っていますが、

雑誌が手元にあったときから、何度も見返していた写真・文字というのは、
(そういうページってあるよね?)
 10年たっても好きなまんまだなと感じます。



公開。








↑はインドやバリのヴィラの写真。


日常とは切り離された、静けさと端正さ。
宇宙に繋がれそうな異質な空気感。


すごく惹かれます。


賑やかさはないですね。

ただ、祈りを身近に感じる空間。






次は別のパターン、雰囲気。






こっちはもっとモノが多くて、
有機的で、
遊び心に溢れた空間。

植物とハンモックが部屋の中にあるといいなと思う。


クリエイターのアトリエとか、
見てるだけでよだれが…(これまじ)。


夏休みの気分というか、
魔法を感じる空気が感じられる空間が好きです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


想像の中で、
自分を両タイプの部屋に置いてみたら、
両方になじんだ。

それはそうだ。
ruが持ってるものを、インテリアを通して感じてるだけだから。



ゴージャスとか洗練とか可愛らしさとか、

絵で表すとどんな雰囲気になるのか、
試しに好みの写真を集めてみるといいと思う。

たくさん並べてみることで、そこに共通する雰囲気に気づくことはある。


どこの国のテイストが好きなのか。

ソフトかワイルドか、シャープでモダンが好みか。


服だと外見的な要素やコンプレックスに濁らされるところ、
インテリアの場合はより本能的に、「好き」が見えやすい気がします。




ruの場合は、
都会的な洗練というのはキーワードにはないですね。

ナチュラルといえばナチュラルですが、
ふわっと甘いナチュラルにあらず。

どちらかというと野蛮やワイルドさを意味するナチュラル。

自由さ。

でも奇抜ではない。
棘はない。

どこかに伝統的な規律や端正さはありつつ。

そしてスピリチュアル。

地に足が着ききっていない、
夢見がちなところも充分に感じられるでしょう。笑




本人、たぶんそんな感じですので (-。-)y-゜゜゜



ruのスクラップを見てみて、
「え、自分と全然違う」と思った方。


よかったですね♥

世の中には、まったく違う好みを持った人間がいるのですよ♥



あなたの好みはどんな部屋ですか?

どんな空間なら、心から安らげますか?

全身に力がみなぎりますか?

わくわくしますか?


バスタオルやシャンプーの香り、
部屋に飾るポストカード一枚を好みのものに替えただけで、

あなたの色が部屋に流れ始めます。

それを繰り返していくと、
あなたじゃないものの匂いにも敏感になっていきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ruは最近、
このスクラップ帖を自分の指針として使うようにしてます。

「この部屋にいるわたしは、これを買うか?」
「この部屋にいるわたしは、この集まりに参加するか?」

という、枠です。


スクラップ帖はそういう使い方もできるんだよ、というお話でした。








0 件のコメント:

コメントを投稿