2016年5月30日月曜日

いじめられやすいタイプといじめられにくいタイプ

by 201407240200

最近あんまり積極的にテレビを見ることはないのですが、

さっきご飯を食べながら見ていた番組(「スカッとジャパン」「気まずい人にご対面☆的な番組」)で、
いじめにまつわるお話があったのね。


でね、

「シネ」と言われた、とか、
「壮絶ないじめ」で「登校拒否」とか、

番組紹介にはいろいろ書いてあって、煽ってるな~って感じなんですが、

ru個人的には一ミリも心動かされなかったのね。


ただ自分の過去を思い返して、ふむふむ、ふむふむ、と思いました。




ruは基本、いじめには関わらないスタンスを貫いてきました。

弱いものを見つけて、
集団でよってたかって押さえつけ痛めつけるということに、
全く魅力を感じませんでしたし、
傷ついている子にどうしても共感してしまうし、
それをやってる側の顔と雰囲気が醜いのが嫌だったので、仲間に入りたくありませんでした。


ruは空気は読めるほうでしたし、
成績はよく運動神経もそこそこ、
なぜかいつもリーダー格の男子とかに好かれるタイプだったし、
いまだに理解できないんですがクラス内で発言権を持ちやすかったような気がします。

攻撃されにくいポジション。

真正面から「やめなよ!」と言うわけではなく、
「なんでそんなことするの?あほ?」みたいな感じで言えば、その場は一時的におさまる。

からかいも度がすぎて嫌だな~と感じたら、
そういう仲裁の仕方をしてた。(計算もしてました)


でも、男子でちょっとからかわれやすい子とかに対しては、特に小中学校時代は、
ノリで「作業お願いねッ☆」みたいな扱いをしたこともあるし、
それがいじめの一種だと言えば、そうだったと思う。

本人が傷ついていた、と言われたらわたしは完全にいじめに加担していたと思う。


それに、すごい面倒くさい雰囲気だったら、
傍観者でスルーしたこともいっぱいある。


とはいえ、そこまでシリアスな場に居合わせたことはないと思うけれど、
ruがそう感じているだけで、とっても苦しかったと感じている子もいるのかもしれない。

わかんないけどね。



まあruは「私はいじめられやすいタイプだ」と感じたことはないし、
実際そうじゃないと思う。

それは、たぶん、なんかruはでかかったんだと思うんだよね。
オーラ?というか存在感が。
で、基本的に陽の気が出てた。
基本的にですけどね。明るいっていうか、普通の子ども。




で、誤解を恐れず言えば、

「いじめられる方にも原因がある」のは間違いない。


「いじめられる方も悪い」ではないよ。

「いじめる方にも原因があるし、いじめられる方にもある」だよ。

悪いとかはないよ。(って前提ね)


「いじめ」の種を持つ双方がちょうどよく出会って、
具体的ないじめの現象が現実化される、ということです。


わたしの場合はレイ プだね。
そのあとの恋愛での依存関係だね。

おんなしことだと思ってます。



理由はケースバイケースだけど、
その経験を経ることで学べることがちゃんとあるはずです。


自分のどんな思いグセが種となって、その現実を創り出したのか。ってことです。



「スカッとジャパン」のVTRの中で、
ヒーロー?役の男の子が、
「嫌ならやめてって言わないと、誰もこたえてくれないよ」的なこと(正確ではない)を
言うのですが、それは本当で、


「嫌だからやめて」と、自分のために言うだけの勇気がない人、

「私をバカにして傷つける人間は許さない」と怒ることが出来ない人、

「私さえ我慢すれば」とその状況に甘んじる人は、

絶対にその状況から抜け出すことはできない。



自分が自分を救うのだ、と立ち上がる意思を見せられない人は、
いつまでも「弱い」立場にstayするだけなのです。

(自分のために変化を起こすことだけが重要で、転校するなり登校拒否するでもいいと思います。とりあえずはね。)




私は、一年だけ中学校で勤めたことがあります。
正規の教員ではなくて、支援員のような形です。

大学卒業後、就職がうまくいかず(それを望んでたんだと今は思う)迷子状態だったので、
非常に消極的な気持ちでそこに勤めることを決めました。

中一担当だったのですが、すっごい生意気な女子グループがいて、

4月の初めに職員室の前で大騒ぎをしていた彼女たちに「先生たちは仕事中だからここでは騒がないで」と注意したことがきっかけ?で、
リーダー格の女の子に目をつけられ笑、
その後ちょこちょこ意地悪されるようになりました。

まあ「死ね」とか「うざい」とか「きもい」とか「ブス」とか指示を無視するとかが多かったですかね。


ruはそういう子が学生時代から嫌いだったので、
今まではなるべく関わらないことをモットーにやりすごしてきたのですが、
今回は一応教員という立場だし、
向こうから近づいてくるし、関わらないわけにはいかない。

今までのやり方が通用しないので、苦しかったです。


他の先生からは、
「ru先生に甘えてるんだよ」とか、「ru先生が若い女の人だから嫉妬してるんだよ」と言われましたが、それを分かってても嫌でしたね。

言われっぱなしのやられっぱなしだった。

見た目スルーしてても、心はスルーできてないし。影響受けてるし。



でもそれも、当時のruが自信が全然ない弱々しい状態だったからです。

自分が不本意ながらここで勤めてるっていう意識があったので、
どうしても自信を持って相手を注意できなかったんです。

おどおどしてたと思う。


「スカッとジャパン」見て、そんなことも思い出しました。




でね、今だったら絶対違うって思った。

それは、以前より迷いのない素晴らしい自分になったというわけではなく(ざんねん!)、
自分の性格の悪さを認めているからです。


今なら、

「シネ」って言われたら「その言葉そのまま返す」って言うし、
「ブス」って言われたら「鏡見て言えば?」って言うし、
「キモイ」って言われたら、「あんたの友達、あんたがいないときなんて言ってるか知ってる?」って言うでしょう。

中学生相手にでも。
一番痛いところを徹底的に刺します。大人気ないと言われてもです。

愛情をもって向き合う?
その子に愛情を持てて、労力をかけたいと感じたらそうします。
でも、わたしはそこまで人格者ではない。


ruはほんとに鬼なのです。

明らかな悪意をぶつけてくる人間に対して器の大きさを見せるだけの余裕はないです。

ぼろっぼろにしてやりたい、
地面に頭つけて謝らせてやりたい、と思います。


なのに、いい子ぶってたのです。

そんな鬼の面を否定し、大人たるもの・教員たるもの(って教員じゃないし)って、
よく分からない道徳ルールを抱きしめていました。

鬼なのにね。あは。



いい子ちゃんはいじめられます。

自分を責めている人もいじめられます。



まあね、ほんとに理不尽に、輝きだけが理由で目立ってしまい、異質な存在として攻撃を受ける人もいると思うの。美人だからとやっかまれたりさ。

だけどね、一歩も引かない強さがあればそんなの長続きしないんだよ。

その場合は、
怖れと罪悪感を捨てろっていう話ね。

オーラがでかければ、
やたらに近づいてくるいじめっ子もいないよ。



そして、自分だけで満ち足りて、誰とも比較することも必要なく自分を愛せていたら、
そもそもいじめにあう必要がない。

自分の中に種がないから、それに関わることが起きないのです。



自分はそういう扱いを受けるのがちょうどいい、と思わなくなれば、
いじめられにくいタイプへと変化するようになると思います。

結局は、その人が自分自身をどう扱うか、というだけのことなんですね。



って、今分かっていることだけを書いてみました。








0 件のコメント:

コメントを投稿