2016年8月9日火曜日

「私たちはどうすればいいのかわかってます。でもそれを選ぶか迷ってます」ってのがホントのところ。

by Yasin Hassan - ياسين حسن

どうしたらいいのか分からない、って言いたくなることがあると思う。



こちらが立てばあちらが立たず。


すべてがうまく行く、
誰もがハッピーになるような解決策はない、って思うときもある。


短期的な視野で見れば。



でも本当は、みんなどうすればいいのか分かってるんだと思う。

知ってて、
でも怖くてできない、と思ってることはあると思う。


流されてるほうが簡単、と思ってることはあると思う。




キング牧師を例に出そう。


キング牧師は、ガンジーの「非暴力・非服従」の思想哲学に影響を受けた。

白人より劣位にあると見なされ差別され続けてきたアフリカ系コミュニティーで、
「非暴力・非服従」を唱え、それを核に運動をスタートさせた。

そのムーブメントはどんどん広がっていき、
現実社会に変化を生み出す。


でも、一朝一夕で社会が動いたわけじゃない。


その間には、
「非暴力・非服従」に疑問を持った人も多くいたはずと想像するに難くない。


黒人解放を唱え、
しかしキング牧師と正反対な主張をしたと言われているのが、
マルコムX。

彼は、武力による抵抗を唱えた。

自分たちを支配している敵(白人)から自由になるには、
暴力も致し方ない(というか必要)と考えていたようだ。



自分が、その時代のアフリカンアメリカンだったら、
どちらの言い分にも耳を傾けるだろうと思う。


マルコムXだって、リーダーとして支持を受けるのは自然な状況だったと思います。




でも、

今の時代まで偉人とされるのは、マルコムXではなくて、キング牧師。



私たちは、
そっちが正しいと感じているから。

難しくいばらの道だけれど、「正しい」のはそっちの道。


自分に勇気があったなら、
可能なら進みたいのはその道。



なら、私たちはどちらに進むのが自分の魂が喜ぶか、
死ぬときに後悔しないのか、

既に十分に分かってるってこと。



私たちは、既に、
どうしたらいいのかわかっています。


その上で、どちらを選ぶのか迷っているんです。


そうだよね?






上の二人は、結局暗殺されちゃった。



ruは幸せに看取られて死の床に入りたい。

でも、だからって、
「楽そうに見える道」が安楽につながっているかどうかわからない、っていうのがミソだね。








0 件のコメント:

コメントを投稿