2016年10月20日木曜日

わたしを自由にしてくれる人

by jill111

大学生のとき、

夜一人暮らしの部屋でバラエティ番組を見ていて、
心理テストみたいなのがありました。




質問は、

「異性に求める条件を三つあげてください」











…あげてみて★























…あげた?







「じゃあ、四つ目の条件をあげるなら何?」



そう。




「その四つ目が、あなたが本当に相手に望んでいること、なのです」






ruはなんだったかな~


①②③は、割と考えて条件あげた気がするんだよね。



たぶん、

頭がいい、色気がある、優しい

とかだったかなぁ。






で、④だよね。

ソッコーで「自由!!!!!!」でした。


考える間もなく。




翌日、仲のいい女友達数人にもやらせてみた。



で、ruはなんだったの?と聞かれたので、

「自由だったよ!!!!!!これ合ってると思う(*´▽`*)」と答えると、



「そんなの身勝手だよ~」

「自由が好きとか言ってもさあ、それなりに義務と責任とかあるじゃん。
愛情があったら束縛だってあるじゃん。そういうの受け入れないとさあ」


と(咎めるように)言われた。


そのときみんないい恋愛してなかったのです…( ;∀;)




違うよ、って言いたかった。

みんな誤解してるな、って思ったの。



わたしは、

わたしを好き勝手やらせてくれる人を求めているわけじゃない。



わたしは、

その人といると自由な気分になれる相手を求めているのだ。


わたしは、

その人といるとどこにでも行けるし何にでも挑戦できると感じられる相手を求めているのだ。





でも、きっとそう言っても分かってもらえないと思ったので、
言いませんでしたけど。




その人といるとわたしは強くなれる、

そう感じられる相手。



普通は男の人の感覚なのかなぁ、これって。


守るべき人がいるから、みたいな。

母の愛は強し、みたいな?




そういうのとも違うんだよね。




その人が運転する飛行機なら、不安なく乗れる。っていう。


だって一緒にいるならいつ死んでも別に怖くないから。

何も怖くないから。


だから、どこまででもゆける。


自分の足で、どこまででも。






恋愛に失望を重ねていたわたしが、

それでも消せないでいた望み。




なんていうか、ハードな道だけど、嘘の条件求めるよりはずっと幸せだ。





Christina Perri - A Thousand Years [Official Music Video]



過去の恋愛中には、
悲劇のヒロインぶった、悲しい歌をよく聞いてた。


今は、この曲が一番フィットする。


One step closer に泣けるって、どゆこと?笑


I have died every day waiting for you
Darling, don't be afraid I have loved you
For a thousand years
I'll love you for a thousand more



ロマンティックすぎて自分でも信じられない、が、しかたないね。






0 件のコメント:

コメントを投稿