2016年10月4日火曜日

恋愛観の変化②ひとりになって自分と向き合う禊タイム到来

by Angelo González


台風で強風吹き荒れる沖縄より。



前回の続きです。



大学生時代~
恋愛依存傾向にあったruですが、

5年前に沖縄に戻ってきたのを機に、しばらくひとりでいることを決意。



それまでは、別れたらすぐ次の人みたいな感じで、

別に穏やかな関係を経験したことはないにも関わらず、
ずっと誰かしらが傍にいたから。



地元に戻ってきて、家族と一緒に住むようになり、

一人暮らしの寂しさもない。



いいタイミングだと思いました。




以前の記事でも書きましたが、

わたしは共感性が強めで、
特に恋人同士ともなると、相手の持っている色を内在化してしまう傾向が強い。

感性や思考回路、
笑いの好み、
トラウマや感情が爆発するまでの流れ。


相手に合わせているつもりはないんだけど、
ただただ自分と相手の境界線が分からなくなってしまう。


何がもともとの自分で、
何が相手からの影響なのか分からなくなる。


自分が分からないというのは、なかなか辛い。



だから、
今やようやく誰もいなくなったわけだし、

今度は腰をすえて自分自身が望んでいることや興味のあること、
本当に好きなことを知りたいと思った。



禊期間だ。



自分をクリアに、綺麗にしていこう。




といっても、特に何をしたわけでもないです。


ただ、自分から目をそらせる要素をなくしただけ。

そして自分を見ただけ。


何も持ってなくて、弱くて、
プライドだけが高くて、
でも実際には何もできないし、
それどころかしたいことすら分からない自分をひたすら見る時間をたっぷり持っただけ。

そして七転八倒しただけ。




しかしその中で、

ああ自分は恋愛に逃げていただけなんだなぁ、って気づきました。



本当は、
したいことも興味があることも好きなことも言いたいこともあった。

だけど怖かったから。



挑戦して失敗するのが怖くて、
自分の可能性を試すのが怖くて、
負けて泣くのが、馬鹿にされるのが嫌で怖くて、

だから、

恋愛に目をそらして、

似たような誰かと問題を起こしてはそれに苦しんでいるふりをしてたんだ。




…なるほどね。


時間もったいな!!!





そんな気づきを得ていたある日、
スピリチュアルな人に視てもらう機会があって、

そのときのruは全然恋愛には関心がなかったのだけど、

せっかくなので、「恋愛についてもなんかあったら教えてください~なかったらいいです~」
くらいの感じで質問してみた。


したら、

「今は恋愛とか興味ないでしょ。
自分のことに集中したほうがいいよ。

もし誰かと付き合っても、前みたいになるよ

同じような男とまた付き合いたい?」

って…。




過去の恋愛見てたんですの????






もうガクガクブルブルしちゃいましたYO



同じような男と付き合いたくないかんね!(なんで別れたと思ってんだYO)



はい自分のことに集中してがんばります!!!!!!!って誓いました。





自分を愛するとか認めるとか、
日常生活の中で基本の「き」から実践、実践。


ネガティブな感情が湧いて来たら、とにかく流すし手放す。

コントロールできなくて親にも他人にもやつあたる。


感情の荒波にもまれ、
毎日、平常心まで持って行くのが修行のような日々。




しかし、実践を繰り返すごとに、
ポジティブなエネルギーを感じる瞬間が増してきました。




手放しは継続しながらその一方で、
このblogを始めたり、昔からやってみたかったことにも着手。

コンプレックスだったファッションのことにも、
向き合うことを始めました。




一歩一歩、一歩一歩。

進んでんだか確信もない中、ただ歩みを進めるのみ。





恋愛なんてないさ、

男なんて嘘さ、

寝ぼけた人が見間違えたのさ。



そんな歌詞を口ずさむほどに、
数年前の超恋愛体質だった自分がもはや遠い霞のむこうに消えかかってきた頃でした。



続く☆

0 件のコメント:

コメントを投稿