2017年2月17日金曜日

エイブラハムは「あなたは自分自身が誰かにとって価値があることを証明するために地球上にいるのではない」と言う



最近のわたしの特徴。


チョコレートとナンバーズ(海外ドラマ)漬け。
毎日TSUTAYAに通い、
チョコレートは板チョコ2枚分くらいの量は食べてる。
(ガーナとかアルフォートとか、ドラッグストアチョコメインで)


そういえば、大学四年で卒論に夢中だったときも、
一日一枚のチョコをかじりながらご飯も食べずに生活してたなぁ。

チョコレートLOVEです。

バレンタインも、
誰にもあげてないですが、
(職場でのカンパにはお金を出しましたが)
自分用にはたくさん買ってたくさん食べています。


―――――――――---------------------


きのう今日と、なんとなくすっきりしない、
もやっとした気分でした。
きっかけになったかなってことはあるにはあったのですが、
それはわたしの中にあったモヤモヤに気づかせてくれたきっかけにすぎません。

強い感情が湧いてくるわけではないのですが、
今の瞬間と次の瞬間をつなぐものが感じられないような感覚でした。
平易に言うと、わくわくしない。
内的なインスピレーションと繋がれない!っていう焦りがありました。


こんなときは…

いい気分になれることをする、
いい気分になれることを考える、その側面にフォーカスする、
じたばたしないでそのフィーリングを感じる、身をゆだねる、
そもそもモヤモヤしてるってことは何か間違った信念を信じてるってことだからそれを探ってみる、

などなど、

いろいろトライしてみながら、
「もしかしたらトライしてること自体が抵抗であり思考なのかも?」と思いもしながら、

結局は、
「気持ち悪いよぉ~」と、夕食後の皿洗いもせず、母親への多少の罪悪感もありながら自分の部屋に入り、布団の中でぼーっとするに落ち着きました。
そして、布団の中が自分の体温で暖かくなってくるのを心地よく感じながら、
眠りに落ちました。(21:30頃)


たぶん何かの夢を見てたかもしれない。
目がさめると、モヤっと感がとれてました。
携帯を見ると、夜の11:11
「寝てよかった~」と思いました 笑

そして元気な気持ちで、すれ違った父にハグし、
食器洗いをしなかったかわりではないですが、夜から洗濯物を干しました。(室内)



今回のモヤっと期間にわたしが気づいたのは、
わたしはまだまだ自分を認められていなくて、
何かをして自分の価値を証明しなきゃと思っていたということです。
(今朝、そう感じながら目覚めました 笑)

ていうか、「証明しなきゃ」の感覚、めっちゃ深いところに頑固にしみついてました!笑
だから、じんわりと「そうやんなぁ~」って目覚めた。←なぜか関西弁

その焦りが根本にあって行動をしようとするから(それは不純な下心だから)、
いまいちしっくりこない結果を生み出す。



あとは、
人からどう見られるかを気にしています。

自分が不安定なときは誰でもそうだと思いますが、
人の何気ない言動をネガティブに取りがちですよね。
(ただ雨が降っただけでも、わたしは運がなくて不幸とか思いたきゃ思えるし)

大した意味のない事柄に大げさな意味をつけて、
自分を否定されたような気持ちになって落ち込んだり。

わたしの場合は、特に、理解されていないと感じたとき、
そうなることが多いです。
からの→ 「自分が間違っているのかも」の思考


そういう自分を俯瞰で見て、
「うーんやっぱり自分を保持するために外側に依存してるなぁ」
ってしみじみ感じました。
これは自己否定じゃなくて、やっぱりなぁって感じでした。

自信がないんだなぁ、って思いました。


じゃあどうすればいいの、って、
結局自信があろうとなかろうと、
自分の内側(身体感覚)に耳をすませて、
少しでも身体がすすむほうに実際に行動する、ってことしかないと思います。


じゃあ今までと一緒じゃん、ってことなんですが、
「ああ自分は不安なんだなぁ」
「まだまだ自分の価値を自分で認められてないんだなぁ」
ということを自覚して、
強がらないこと が大事なのかもと思いました。

自分の現時点での実力を過大評価するから焦るのであって、
まだまだ弱いなーとちゃんと見てあげれば、
まったく同じモヤり方は避けられるはず。
同じところで引っかからないなら、わたし的にはOKです。クリアとします。

それが得られるなら、わたしに失敗はありません。笑
だって経験値上がってるもんね。


――――――――――――---------------------


上のことと関係するんですが、

わたしは最近、「内側にフォーカスする」「外側を自分の意識の反映とする」
ことを意識づけることをモットーに日々を過ごしていて、
ときどき意識的に「この世界がぜんぶわたしの脳内で作られた映像であり感覚であるのなら」と思いながら世界を観ようとしています。

そうすると、すべてがバラバラに壊れていくような感じがするんです。

一瞬だけしかその感覚を味わうことはできていませんが、
ちょっと怖い。
記憶や知識やあらゆるものを捨て去る、というのは、
この感覚に類するものかもしれないなと思います。(勘違いかもしれないけど)

そしてこの怖さが、わたしのエゴでありこの世界をつなぎとめているものかもしれません。





0 件のコメント:

コメントを投稿