2017年2月14日火曜日

嘘つきのエネルギー



人に対して気持ち悪いと思うことがある。


前はとてもじゃないけど、
人に対して「気持ち悪い」なんて言葉、
絶対使っちゃだめだと思ってた。

「嫌い」も言えなかった。

言うことを自分にOKしてなかった。

だから、わたしには「嫌い」な人はいなかった。


わたしには、「ちょっと苦手」な人がいた。
「いい人なんだと思うけど、わたしとはちょっと合わないな」って人が。


それも、半分は本当だけど、
半分は嘘。

いやもっとたくさんの割合で嘘かも。



今のわたしは、
「うわっ気持ち悪っ」って思う瞬間が結構ある。人に対して。

そう感じること自体は、自分にもうだいぶ許した。
口に出しては言わないけどね。
(言う必要ないから、と思ってるけどほんとは勇気がないからかも)


何が気持ち悪いかっていうと、
その人たちが自分に嘘ついてるから。

嘘ついてる、ってその人たちは思ってないかもしれないけど、
わたしから見ると「嘘だらけじゃん」て感じるからです。

そうすると超違和感。


ぞぞぞ、って感じです。


今日も思ったよ。


「わたし、今食べたいものを食べたいだけ食べようと思ってるんだよね。
でも、もうお腹いっぱい、もう食べたくないってなってるのに、止められなくて惰性で食べちゃうときあるんだよね。そんなとき、あ、失敗したなって思う」
ってわたしが言った。

その人は、
「でも、食べたいときとかバイオリズムってあるからね(以下略)」
って言った。


その人は、いつもフォローするようなことを言ってくれる。


でもわたしはフォローしてほしいわけじゃない。


だって、わたしは別に自分を責めたりしてるわけじゃなくて、
わたしは挑戦してることがあるけど失敗もする、ってただ報告しただけだもん。


しかも、
それは毎回なの。

いつもいっつもフォローしてくれるの。

別にしてほしくないのに。





わたしはいい加減理解した。


その人はわたしのためにフォローしてるわけじゃない。
優しいからとかそういうんじゃない。

ただ、クリアに見ることが怖いんだ。
淡々と見て明らめて、
自分の感じてることや望むことと照らし合わせて次の展開を選ぶこと、
それを避けようとしている。

だから、

わたしがわたしが単に現状報告をして、
それが「失敗」のようなことだったりすると、
それをネガティブな否定としてとらえるんだと思う。

そんで、「いやそういうこともあるって」みたいな、
「できなくても当然だよ、人間だもの」みたいなことを言うけど、

それはわたしへのフォローのようでいて、
自己防衛なのだ。


お願いだから世界をぼんやりとゆるく捉えて、
あなたをフォローしてるんだからあなたもわたしを攻撃しないで、
と彼女は言っているのだ。

無意識にわたしと取引しようとしている。
わたしの選択に干渉しようとしている。
暗にプレッシャーを与えようとしている。



彼女は、責任の所在をぼやかしておきたいのだ。

したいことも言わず、
他人が望むから、という体で、
他人に便乗して責任を分散させたうえで行動に移りたいのだ。


分かってるから、
わたしは意地悪になってしまう。


ほしいと言われたらいっぱいあげる。

でも、わたしからの「あげる」を待ってる人には何もあげたくない。
あげたら今度はわたしが嘘つきだ。



言葉がきついのは自覚がある。


でも、やっぱり全然好きになれないんだよな。


その人が嫌いなわけじゃない。
「嘘つき」は、その人のすべてじゃなくてただの習慣、その瞬間の態度だから。

だから、文章の冒頭で、
過去のわたしには「嫌い」な人がいなかったと書いたけど、
やっぱり今もいないんだ。

「嫌い」じゃない。

人に対して「気持ち悪」って感じる瞬間が増えて、
そんな人とはただ距離をとりたいだけ。

どっちが残酷かわかんないけど。




ねばねばしたエネルギーを感じるの。

今言った人のことを言ってるんじゃなくて、
自分に嘘をついている人全般の話ね。

追いすがるような悲痛な感じのときもあるし、
表面では笑顔でいい感じなのに実は嫉妬とかマウンティングされてるようなときもあるし、
こっちは否定してる気もないしそもそも興味もないのに「わたしを否定したな~」って恨みぶつけられるときもある。


これたぶんわたしが特別に敏感なんじゃなくて、
前はわたしも気のせいだと思ってたくらいなので、
すごくナチュラルなものなんだと思う。

わたしは触感で「うわ、こいつやたらぶつかってくるな」とか思うことが多いけど、
みんな個人個人でオリジナルの感じ方してると思うんですね。


それで、合う合わないとか好き嫌い決めてるんじゃないかな。


でね~何が言いたかったかな。
忘れたな笑


そうそう、嘘つきの話ね。笑


今言ったように、嘘つきの人は周りに違和感与えるし、
感覚としては「なんか気持ち悪い」。

言ってることは、なんか頭に入ってこない。
???
何が言いたいの?ってなる。
メッセージが届かないってことですね。

もちろん人の心動かしたりすることもないし、
そもそも本当の意味でのコミュニケート、通じ合うこともない。
だから孤独。
いや、周りに人いっぱいいるかもしんない。
でもみんな似たような人ばっかになる。だからみんな孤独。




それとは逆に、
自分に嘘ついてない人、クリアな人。

これもruのただのフィーリングの話になりますけど、
その人のblog読んだり動画見たり声聴いたりしてもそうだし、
まじかにいたらもっとそうだと思うけど、

傍にいると、視野が広がる感じがする。

身体が軽くなって、思考がシンプルになる。

身体の奥のほうがどきどき、キュイーンってテンション高くアクセル踏み込んだような感じになる。

全身のいらない淀みが流れて消えて、
頭は天へ足は地へ貫かれてエネルギーが通る。

生きてるなぁ~って感じてぴょんぴょん飛び跳ねたくなったり歌いたくなったり踊りたくなる。 ←これruだけ?笑


その人たちはなぜかくっきり存在感がある。
目立つ。
その空間から浮き出して見える。
思考が非常に合理的で、義理人情など人間的なことはあまり見られない。
際立ってシンプル。

人がその人の言葉を聞きたがり、よく届く。

でも強い。
クリアに見て、物事を浮彫にしてしまう。
だからぼやかしておきたい人は、その人が怖い。
怖れて隠れる。
嫌な相手として見る。
自分の弱さ(っていうか全体)をはっきり突きつけられたように感じてしまう相手。



こんな感じかなぁ。




わたしもそうなりたい。

類友の話はちゃんと理解してるよ。
だからこそ、気持ち悪さとは早くバイバイしたい。


以前とは違い、
今のわたしは、

今はエネルギーがクリアだ!!!って感じる人であれば、
何を言っても行動がいかに人間ルールを破ってても、
全然OKなんですよね。
むかつくことされても言われてもむかつけない 笑


気持ち悪くないだけで超OKっていうか、もう尊敬だし好き!!!

何を言っても言わなくても、
勝手に「好き!!!!」ってなるから面白いです。笑





0 件のコメント:

コメントを投稿