2017年2月2日木曜日

あなたが自分を粗末にしたときに傷つく人



親を悲しませるようなことはしちゃだめだよ、ってよく言うでしょ。


あれキライだった。
いかにも忠孝を説く、道徳みたいな感じがして。



最近になってようやくわかったんだよね。


子どもが、自分自身を粗末にすることが、
親を一番悲しませることなんじゃないかって。





わたしは、全体的に親の思い通りにならない、
甘ったれで口ばっかで反抗的で優しくもない子どもだったという自覚があるけど、

そのせいで親の顔をつぶしたこともあると思うけど、


それ以上に、

わたしの暗黒期のダメ恋愛、
クズ恋愛、

自分を粗末にしていた時代を知らせたくないよ。



主に泣いてました、みたいなとき。




自分を傷つけて、
自分に価値なんかないんだって思って過ごしてたとき。


アホな男の顔色うかがって(こちらもアホでしたから心底お互い様ですが)、
アホな要求を断れなくて、
そんな自分に自己嫌悪と後悔でいっぱいだったとき。




あんなわたしを、
親には見せられないね。



きっとショックで泣くからね。






映画なんかで(たぶん事実にもとづいた写実だと思うけど)、
「戦争で死なせるためにここまで息子を育てたんじゃない」って叫ぶ母親がいるね。



特攻隊がいくら勇ましく見えても、

死を覚悟した悲壮さがいくら美しく見えても、


潜水艦に突撃するため、ただONE WAYの道のりを、
深海に向かって沈んでいく人間魚雷。

そんなものに乗り込ませるために、はぐくまれる命なんかないね。






自分のいのちは自分で使うんだ、

好きなように、

その人生を経験するために。






…そうだけど。





たとえばわたしの場合、

いくらクソみたいな恋愛であっても、
自分には必要な経験だったと思うんだ。



だから、いくら親が悲しむとしても、
周りがやめろというとしても、
結局は本人が決めて動いていくものなんだけど。




でもやっぱり、

親(その人を大切に思う人、と言い換え可)がひたすらに傷つくようなことは、
しないほうがいい。



しないほうがいいけど、
大きな意味でその人の人生に必要なら止められない。



けど、基準にはなる。




それをしなきゃ、と思ったとき、

それは本当か?と問いただす。自分に。


自分のこころが望んでいることなのか、
それとも広い意味では社会からの刷り込みなのか。



親にもエゴはある。

だから、エゴのままに反対することもある。




でもわかるはずだ。




相手がエゴで感情的になっているのか、
あなたが自分を粗末にしているせいで傷ついているのかは。




そんな気がした。



そしてあなたがあなたを粗末にしないと一緒にいられないと感じてる相手は、
言っとくけどあなたがいくら自分を粗末にし続けても、
いっこうに傷ついたりしないからね。


残念。





誰を大事にするの?











0 件のコメント:

コメントを投稿