2017年2月13日月曜日

「What makes you think I'm "Straight"?」 どうして私が『ストレート』だと思ったの?



数日前から、「レズビアン」というワードが頭から離れない。


だからちょっと考えてみた。

過去を思い出してみた。




わたしは、自分が女性であることに違和感を持ったことはないし、
女性として女性に恋心を抱いたこともありません。

ですが一度だけ、
「男なんてみんな死んでしまえ!ペ二★スがついてるやつは全員しね」という心境だったとき、
わずか1分ほどではありますが、
「もう、レズになっちゃおうかな」って思ったことがあります。


そのときすぐに連想したのが、Sex。

わたしは女性に対して欲望を感じることができるのだろうか。



想像しました。



わたし好みの美人が、裸で目の前にいます。


さ、触ってみよう…

えーっと、たとえば首筋にキス、
胸を優しく…
最終的には下半身にも手を……????








………



まっとけ!!!!!!!!!


無理!!!!!!!





想像の中のわたしはとっても困惑してました。



わたしは、
柔らかくていい匂いで複雑で繊細な相手に欲情することはない、
それがはっきり分かりました。

わたしは馬鹿で単純でごつごつして力が強いやつがやっぱり好きみたいでした。


だから1分で同性愛の可能性を諦めたのでした。



それに、


異性愛に挫折して同性に向かうなんて馬鹿か。
ただの逃げでしかない。

そんな下心で依存相手を探すなんて失礼にもほどがあるだろ、

って醒めた頭ではわかってたんですね。




だから、むかつくけど、
その時点では色々整理できてなかったけど、
わたしは結局男を好きになるしかないんだって諦めました。





そんなわたし、
付き合った人たちには必ずと言っていいほど、
「ruって、女の子と付き合った経験ないよね?」
って言われます。

たぶん「おまえバイだろ」って言いたいんだと思います。


いいえ、ストレートです。


そのことを、親しい女の子の友人に話したりすると、
「わかるー、なんかそう言われるとそれもアリそうに見えるもん」
てなことを言われます。


飲み会とかで、みんなの前で「キス~♪」って軽くちゅってしたことは、
そりゃあ2,3回あるけれど、
リアルなやつは皆無。


なのに、そう見えるっぽいです。


どっからそういうのって感じるわけ?におい?




一番最近別れた年上の彼氏には、
「ruさんのことが好きなんです!!って迫られたら、好きじゃなくても受け入れちゃいそうだもんおまえ」
って言われて、
はぁ、なるほどって思いました。

性癖って、コントじゃん?
これの、その当時のわたしのかなり重い感情やテンションに「合わせられる」ような、
経験値と安定感のあった彼氏 のことね♪

つまり、幸か不幸かそういう機会がなかったってだけかもしれません。汗


相手が男か女かに関わらず、押しに弱いんです。


このブログ長らく読んでくださってる方なら、
なんとなくおわかりかと思うのですが、

中途半端に気使って優しくして、
最終的には、そんなつもりじゃなかったごめん、っていうKUSOパターンをやるやつです。
っていうか散々やってきました。

恋愛観の変化①彼氏に絶対の安心感なんて求めるべくもないと思ってた

セ ックスについて鱗ぽろぽろ。わたしのことゲスの極みと思わないでね。

(だからもうやんないよ?学び強くなりました!)



ruは、過去女性に対して特別な感情を抱いたことはないし、
そもそも欲望を感じないってことは上に書きましたが、

未来はどうか分かんないよね?って正直思ってます。

自分がバイじゃないとは断言できません。


ていうか、男性だからとか女性だからとかじゃなく、
一人の人間としてどうしても惹かれる人が現れたら、
まぁ恋に落ちるでしょう。

そんときは、「女性には何も思わないし欲情しない」云々言わず、
その人に触れたいと思うんじゃないかな。




その点では、人間ならみんなおんなじ★派です 笑




でも。


でもね。



男相手になら、最悪「そんなつもりじゃなかったごめん」が自分的にOKなんです。

まぁおまえ男なんだから、
学び反省し次に生かせよ。

それでもっと大きな男になれよ、的なことを上から思います。


なんだけどさぁ、

相手が女の子だったら、もうそんな自分たぶん許せないと思うのよね。

自分が女だから案外図太いことちゃんと分かってるんだけど、
傷つけてしまったどうしよう、
ってすごい動転すると思うのよね。

触れたらまずい爆弾。




なんでだろう。


わたしの中にも実はすごい「認識違い」が存在してた。




こんなことをつらつら書く気になったのは、
宇多田のアルバム「Fantome」の「ともだち」という曲を聴いたから。(遅い?遅いね…)



笑顔見れる 距離にいれる
それだけでいい
友達なら側にいてもおかしくない
君に触れるあいつ見てる
報われない想いばかりが募る夜更けは
どうしたらいい?
気付かないフリとか
中途半端な優しさに 泣きたい
Oh 友達にはなれないな にはなれないな Oh
Oh 何故ならば触りたくて仕方ないから Oh
Oh 友達にはなれないな にはなれないな Oh
もう君の一番じゃないと意味がないから Oh
胸の内を明かせたなら いやそれは無理
とても上手に嘘つけるのに 心は馬鹿正直
キスしたい ハグとかいらないから
Let me have one kiss やっぱり…
Oh 友達にはなれないな にはなれないな Oh
Oh 今すぐに触りたくて仕方ないから Oh
Oh 友達にはなれないな にはなれないな Oh
もう君に嫌われたら生きていけないから Oh
恥ずかしい妄想や 見果てぬ夢は
持っていけばいい 墓場に
Oh 友達にはなれないな にはなれないな Oh
Oh 何故ならば触りたくて仕方ないから Oh
Oh 友達にはなれないな にはなれないな Oh
もう君の一番じゃないと意味がないから Oh

最初は、女ともだちに片思いする男の子の話だと思ってた。



でも、歌詞はすごく切なくて生々しくてでも曲はかっこよくて、
すごく好きだったから検索してみたら、

これはLGBT(レズビアン、ゲイ、バイ、トランスジェンダー)の人たちの
心の中を歌ったモノだといわれてて。



まじか、と思った。


いや、恋愛なんてさ、
誰対誰とか関係なく普遍的なものだと思うよ。

いろんなパターンあるだろうし、あっていいと思うし、
正直人がどんな恋愛してようがあんまり興味ないです。




たださ、これがもしトランスジェンダーの人、
その中でも身体が女性で自己認識が男性の人だった場合、
(ていうか曲聴くとそれが一番しっくりくるんだけど)

めちゃめちゃ切なくて。


そこで、自分の中での特別扱いに気づいた。


ある意味では「彼ら」をタブー化してることに。



彼女は彼であって、
男として扱ってほしいと思っていたとしても、

だから、いろんなことをネタとして笑ってほしかったとしても、

たとえば今のruは、
心のどっかで、女性に対しての繊細な扱い、を心がけると思う。
粗雑に扱うのは(粗雑にする必要ないけどね!!!)、できないよ。



そんなことを思って、胸が痛かった。


階段差が大きいね。




そうあらしめてる自分にもむかついたよ。




自分の中にどんなこだわりがあるのかはまだ正体不明。
手放していけたらと思う。

もし本能的なものであれば、それを理解したい。




あと、宇多田がtwitterで、
「What makes you think I'm "Straight"?」とつぶやいたのに対して、

宇多田がカミングアウト!!?とか言うやつは真性の馬鹿だと思う…


っていうか宇多田のセクシュアリティなんて、何でもいいんじゃないの。
だって他人事だぜ?
話題になるようなことだろうか。


いや、なるんだろうね…





※YoutubeにはCOVERしかなかったので、
ご自身で「宇多田 ともだち」とかで検索してみてね。

すごくいいよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿