2017年3月29日水曜日

解消して次に進みたいけど、何を解消したいのか?


きのうは情緒不安定な一日でした。


新月だったみたいですね。



Jのことを何度も思い出し(たぶんわざと思い出している)、
仕事中なのに涙が出てきて、
どうしようもないからトイレへ行く、みたいな感じ。


夜家へ帰ってきてからも、
ご飯を食べた後はすぐに自分の部屋にこもり、
泣きました(おかげで今日のまぶたは何かオカシイ)。




去年の今頃は、
確かにこんな感じでした。


「いやいやいや、おまえ振られてんだよ」
「よくもまあそんな都合よく考えられるな」
「サムすぎ」
「てゆーか、相手だってめんどくさいから逃げたし避けたしメールも返さないんでしょ」
「いい加減気づけよ。馬鹿なの?」
「くだらない妄想やめなよ」

からの↓↓↓

「そんなおまえ(わたし)、死んじゃえ」


の、一人SMを繰り広げ、
めっためたにぼろっぼろになっては、よく部屋で死んでました。



それから時間が経つにつれ、

ちょっと気持ちが落ち着いたのでしょうか、
だんだんとJのことを考える時間が減り、
ほとんど思い出さなくなり、

でもまあ消えはしないんですけど、

このままどうなっていくのかなー、
そのうち忘れちゃうのかな、
でもそれならそれで別の未来があるからいいのかなー、
くらいに思うようになってました。



だけど、

今回東京に行って帰ったくらい(三月の満月前後)から、
体調とともにメンタルも少し不安定になり、
なんだか自分の中がぐちゃぐちゃにかき回されてる感じです。



きのうは、
久しぶりに以前のSMプレイをやってる自分を見て、
「これ、本音なの?続けたいのやめたいの?何をやめたいの?」
ってほんと分からなくなって。


自分が何かに執着しているって感じはするんです。


これって純粋な恋心なの?って分からない。

てゆーか、
愛がもはや分からない。


いわゆる世間で言われる「愛」「恋」「情」が、
ほぼエゴまみれのものばかりって分かってるから、

自分が今何を追いかけていて、
何を目指していて、
何を指針とすればいいのか分からない。

もちろん自分が今置かれている状況も把握できていません。



わたしは、
「ツインソウル」という概念を知ってから、
そんなもんあるわけねーよ、っていう気持ちがほとんどではあるけど、
信じる気持ちもあって自分が分裂している気がします。


概念っていうのは、
それはすべてのものがそうだけど、
知って自分の中に組み込んでしまったら、
それに気づいて取り外すのが結構難しかったりする。


スピでは、

赤ちゃんのときは自我がない(とても薄い)から分離不安なんてないんですよ~、
この世界や宇宙とひとつという感覚で至福の中にあるんですよ~

だけどいろいろなこと(概念)を学ぶにつれて、
いわゆる「自我(への執着)」が作られていき、
人はそれによって苦しむんですよ~
とか言いますよね?



そんなの聞いたらさ、
そもそも「すべては一つ」の世界にいたんだったら、
そっちが幸せそうだし、概念なんていっこもないほうがよかったよ!!!!
っていう気持ちになるんですが、


それと同じレベルで、

「ツインソウル」なんて胡散臭い概念、
そもそも頭に入れないほうがずっとずっとピュアに生きやすかったよ!!!
なんてことしやがったんだーーーー!!!!!
って、きのうは情報発信している人にすら腹を立ててました笑
(いえ、わたしが情報を集めたんですが)



そしてね、

わたしはもはや彼が好きなのかどうか分からなくなってるんですよ。
ていうか、最初から分からないわけ。
だからたかだかI like you.なんていう中一レベルの文が出てこなかったわけ。

執着しているのか、
ほんとに「ツイン云々」ぬきにしても特別だと感じているのかも、
ほんとうに分からないわけ。


いやたぶん魂レベルでは「知ってるくせにぃ~」って話だと思うよ。

でも、

瞑想しても分からないわけ。
魂の声がクリアに「yes/No」とか言ってくれないわけ。
ただモヤってるだけなわけ。



もうほんとにモヤモヤして自分をdisって泣いて。
オマエは一体何がしたいんだ、っていう話ですよ。




それで、あるタイミングで、
なんか誰かのblog見て、だったかな。

「なんで白黒つけないといけないの?」みたいなことが書いてあったのかな。

いや「ほっとした状態になると、それまでの問題なんてどうでもよくね?」的なことが書いてあったのかな。


それと、わたしTwitterで、
OSHOの言葉をフォローしてるんだけど、

「闘う必要なんかない
 泳ぐことすらも必要じゃない
 流れといっしょに漂うのだ
 川はそれ自身でひとりでに流れている
 あらゆるものが必ず究極の大洋に至る
 あなたはただどんな妨害もしないことだ
 川といっしょに行くというそのこと
 川とともに漂うこと
 川とともにくつろぐこと
 それがタントラだ」


っていうのが流れてきて、


なぜかそれを読んで楽になったのね。




で、これを読んで楽になったということは、
とりあえず今の時点では、

「苦しいなら苦しいままで、純粋じゃなくてエゴからの執着かもしれないけど、
そんな自分が許せないかもしれないけど、そのまま行け」
ってことなのかも、と思った。

今はいいのかも、このまままで。と思えた。



「時間無駄じゃん」
「可哀想すぎw」
と、自分でも思うわけ。


結局、

片想い♥美しい愛貫いてます♪
とか言っても、エゴ的な自分の思い癖にはまってるだけだったら悔しいし惨め。

早く気づきたい、
無駄な時間やエネルギーは使いたくない、
って思うじゃない。




でもさ…

無駄ってなんなんだろう?

よく考えたら笑



やっぱり、賢く生きたいよ。
賢く立ち回りたいよ。
コスパがいい生き方っていうんですか?
その気持ちはまだ捨てきれてない。


でも、
おまえなんか最後そのへんで野垂れ死ねばいいんじゃね?
って思ってる、自分のどっかが。
合理性とか効率とかそういうのと切り離された部分で。


変かもしれないけど、
そう思ったら楽になる。




結局わたしの恋愛体質というのは、
「恋愛」を利用している、
「男」を踏み台にしている、と同じ意味で。


わたしは今Jを利用して前に進もうとしているんだ。
前に進むというか、自分の要らないものをはぎ取るというか。
だから本質的に利己主義だし自己中心的だ。

わかってる。


今わたしは彼を利用して自分を理解している。
歩みを進めている。


とはいえ、飲まれるし苦しいし痛いんだけどね。




こうやって書いているうちに、
少しずつまた自分が見えてきた。

まだモヤってる部分は全然あるけど、


きっとわたしが捨てたいのは、
解消したいのは、
「打算」で、
「自我」への執着だ。


変わりゆくものを、変わらない(ように見えている)ものを受け入れろ。
すべてはわたしのコントロールを離れて、
勝手に自然に動いていく。

わたしにできることは、その流れの中に在ることだけ。


判断を挟むな。


おまえはいなくていいんだよ、死んでしまえ、


と、そういうことなのかな。





何も早送りできないし巻き戻しできない。
しようとしても苦しいだけで、したいならしようとしてもいいけど、できないよという笑。


何度もこれを思っては、
このblogにも書いているけど、
やっぱり自分を殺すというのは難しいな。



0 件のコメント:

コメントを投稿