2017年3月4日土曜日

ダメ人間のプライド

またしても、やる気の出てこない時期を迎えております。

時間もあるし、
たっぷり眠ってて体力もあるし、
やりたいことがあるならそれに支払えるだけのお金もちょっとはあるし、
好きにできるはずなのに、やる気だけがない。

致命的。


こういうときは、
何かしら行動を起こすことでブレイクスルーをむかえることもあるし、
ただだらだらと毎日を過ごすうちにいつの間にか変わってることもあるし、
でも大事なのは無理やりではないこと。

なので、無理に元気になることは手放して、
たらたらと過ごしていこうと思います。

ちなみに昨日の夜から、
ゆるーく古塩抜き生活やってます。
トマトベースの野菜スープと、フルーツと、豆。
あと明日はさつまいも蒸すかゆでるかして食べよう。

【参考】身体の中からきれいにしたい!古塩抜きダイエットやってみた


今日は、ちょっとだけ買い出しに出かけてきました。

これ買いに。

これ買いにっていうか、
結果、これ買ってきたって感じですけど。


りんごとみかんと大根と赤ワイン二本とチョコたち。

赤ワインは、
シナモンとかスパイス系入れてホットワインにする予定なので、
1000円しない安めのやつです。
ホットワインはすぐに身体があったまるし甘いし好き。


買い出ししてきた以外は、
基本部屋で、しかもベッドの中でぐだぐだしています。
なんの生産性もありません。
二年前のわたしだったら、それだけで罪悪感を感じてしまうような時間の使い方。

今だって、それに満足してるわけじゃないんですけど、
全然ありになってしまったのは、よかったのかどうか。




ruのダメっぷりは、かなりのものなんです。
もし、そうは言ってもやっぱりちゃんとした人なんじゃないの?って思っている人(いるかどうか知らんけど)のために念のため言っておくと、

社会人として、大人として、という風にみると、かなりダメです

そういう自分もオッケーしていこうと、
日々の挑戦や気づきをこのblogに綴っているわけですが、
今日また気づきました!
わたし自分のことまじで社会不適合者かつ脱落者だと思うんですけど、
そんなわたしでも「こいつまじで何もできねーな」って人様に思われるのは、
まだ嫌だということを。

わたし、ダメを究めないとあんまり自分の存在に意味ないなって思ってるんですけど、
このなんの役にも立たないプライドね~~
「わたしだってちょっとは何かできるもん」って、ちっちゃい声で主張。

いらんからな。




職場でもわたしのダメ人間ぷりはもう充分に理解されていて、
しかも皆さま(驚きながら)受け入れてくださってもいて、
わたしだけ(ダメ人間)特別待遇をいただいております。
(「朝起きれないんだよね、仕方ないよね」みたいな)

年度末ということで人も動く時期。
わたしは、次が決まりもしないのに、
とにかく飽きた、辞めたい、という感情をもはや押し殺せず、
なんとなく辞めたい匂いを漂わせていましたら、
皆さまで一生懸命引き留めてくださって。

わたしは、自分でもこの理由は社会人としてどうなのか?と思いながらも、
「無理なんです、集中力持たないんです。脳みそおんなじとこばっか使って同じことばっかやってて飽きちゃうんです。無理なんです」
みたいなことをゆって、
結局相手方から「大丈夫、飽きないようにこっちで考えて仕事振るから。どうしても飽きたらまた言って。こっちでどうにかruちゃんコントロールするから。どうせ次決まってないんでしょ、とりあえず決まるまででいいから」という言葉を引き出しました。

いやいやいや。

辞めるチャンスだったのに、
「じゃあもうちょっとだけ(もう無理ってなったらしれっとやめよう)」ということに。

我ながら、これは職場の扱いなのか?と思いましたね。
もう、犬や猫やそういう類の扱いです。
〇〇とはさみは使いようとか言いますよね。
むこうが手綱をとってくれるそうです…わたしだって30の大人なのにね。



まあいっか。




って、よくねーーーー!!!!
って一瞬だけガーンってなって落ち込んで、ハッとしたわけです。
「わたし突出してダメ人間、社会不適合者だと思われてる??!いいの?!!」って。

それで更にそういう自分に驚いた。
まだ、自分でどうにかしようと思っていたかと。



わたし、できないことが多すぎるんだよな。

頑張ればできないこともないんだけど、
必死だから顔怖くなるじゃん。人寄せ付けなくなるじゃん。
わたしができないこと軽々やってのける人たち(しかもいっぱいいるんだこれが)に、
勝手にコンプレックスと苦手意識持って避けたくなるじゃん。
がんばった挙句ストレスたまって、休日は寝てるだけ。
とにかく嫌なエネルギーまき散らすことになるのは目に見えてるわけです。(というか過去はそうでした)

【参考】フラワーエッセンス、「劣等感」も逃げないで見つめます


一方で、
事務や電話対応、資料作成やわかりやすいプレゼン、スケジュール管理なんかをなんなくこなす人たちから、
「憧れる」とか「自由で羨ましい」なんていう言葉をいただくわけです。

こっちからすれば、
「じゃあ入れ替わりますか?」っていう話ですが、
実際問題無理ですのでね。
じゃあもう羨ましがられて勝手に尊敬されとくか、と思うにいたった。笑


だって頑張っても効率悪いんだもん!!!!!!!
辛いだけだもん!!( ;∀;)


そうして、
頑張らないことを意識し、
ダメ人間扱いバッチ来い、
罪悪感なんて丸めて捨ててやるぜ!と思って日々を過ごすと、
周囲からよけいに「あんたスゴイネ~やっぱり異次元の人だね~」という評価をいただくようになり、
結果職場でも上記のような扱いをされるわけですが、

こんなruにも人間としてのプライドというものが。ごにょごにょ。
わかってます不要なプライドです。
捨てる以外に道はなし。
ダメ人間のプライドなんてゴミだもんね。



わたしは、自然の恵み、人からのお恵みを頂戴して生きていく。
(そうじゃないと生きていけないです)


お恵みをいただけるに値するくらい、
自分を捨てられるようになることが、わたしにとっての挑戦です。





0 件のコメント:

コメントを投稿