2017年3月21日火曜日

ハートに従ってときめく服だけ選んだら

お金のブロックをとる挑戦 の続き♪



さて、前記事と関連した話になりますが、
わたくし金曜の夜に急に新しいお洋服が欲しくなりまして。


そのきっかけというのは、

わたくしパワーブロガーのHappyちゃんが好きなのですが、
彼女やその界隈の方たちのblogを読んでいると、
皆さん可愛くてその人らしいお洋服を着てて!

というか、(過去の彼女たちと比較して)完全にパワーアップしてる様子が、
見た目でよーぉくわかるのね!

で、刺激されて、

「うわ、わたしももっと自分ぽいやつ欲しい」
「女or女の子をエンジョイできる系のやつ欲しい」
「使いまわしとか考えないで、欲しいやつがただ欲しい」
って思ったというわけです笑


だから、特にこれがほしいというものがあったわけじゃなくて、
どちらかというと、
「今の自分がココロからときめくものが知りたい」っていう気持ちが強くて、

「知りたい」から、
売り場に行って「知ろう」としたんだった。

で、「本当に欲しいものがあったら、本当にときめくんだったら、それが高くても思考に負けずに自分のために買ってあげよう」と決意して出かけたのでした笑



結果、

可愛いものはあったし、
これあったら便利かも、っていうのもあったし、
手に取って鏡の前に立って、試着したのも何着もあった。


でも、
「本当にこれ欲しいの?」
「これ買ったら、後でもっと欲しいものが出てきたときに買えないかもしれないけど、それでもいいくらい気に入った?」
「これがもっとこうだったら…って、あんたほんとにときめいてんのかよ!」って、


自分に問いかけながら、
ときに突っ込みながら先へ先へ旅は続く。


でも、
「自分がときめくもの」
「Happyちゃんたちを見てて羨ましいなと思ったくらいのエネルギーを感じられる服」って、自分の中のハードルがあったので、

思ったよりもさくさくとウィンドーショッピングは進むの。
自分に問いかけながらであっても。


だって、たいていのものは一瞥して「違う」だし、

ちょっと目を惹いても、
「可愛いけどそこまでときめかない、生地安っぽい」
「便利そうだけどときめかない」
「着心地悪いからときめかない」
「わたしには違う」
ってなる。


ハートとか本音というのは、本当はめちゃめちゃ判断が早いから。

わたしが過去のショッピングにおいて、
大して好きでもないものを手にして、ああだこうだシミュレーションしたりしてた時間はいったい何だったのだろうと思うほど、
「ときめき」を最優先の条件にすると、瞬間的に決まる。


結果、これ買いました。



デニムは、無印の、
↓で書いたやつね。
無印のデニム:スーパーストレッチスキニ―(アンクル丈)

もう買い替え買い替えで四代目。
すぐ膝が出てきちゃうのが難だけど、わたしのベーシックです。


で、ピンクのブラウスは、
一目惚れ♥


ちょっと変形の裾になってて、
フリルがあるのがわたし的にはツボでした…

素材はポリエステルだけど、
デザインがとにかく好みで、甘すぎずモード寄りで好き♥
ピンクだし…♥

見て「可愛い(⋈◍>◡<◍)。✧♡」ってなって、
一目で「こりゃわたしにも似合うタイプだしょ?」って試着して「OK」で、
お値段税込み8500円くらい。
わたしにとっては「安い」というお値段ではないが、「ときめくものがあったら高くても買おう」と決めてきたわたしには躊躇する値段でもない。

ていうかしょっぱなからハートがGOサイン出してるんだから、即断即決しよーよ!
ってなものです。


そしたら買い物も早い。
レジ行って財布出すだけだもの(普通そうだ笑)。

悩まなくていいって、なんて楽なの。


セールとか、正規の価格とか関係ない。

まとめ買い15パーセントオフとか、
わたしにはまったく関係がない。
誘惑なんかされないぜ。
ほしい物以外はちっともほしくならないぜ。(変な日本語)


あと、ワコールトリンプのセールをやってたので、
その会場でこれも買った。

薔薇色っぽいワコールのショーツ二枚。
ユニクロのブラトップの下に着るつもりです。(色気…)

実は、他に薄いブルーや白のショーツも手に取ってたんだけど、
わたしはこの赤・ピンク系統に惹かれた。

思考が「いや、派手じゃない?家族になんて思われるかな」とか言い出したんだけど、
少しでも思考が入って選んだものって結局なんだかいまいちな気分になるし、思考を無視してどきどきしながら選んだ「ときめき」って長らく色あせないって経験上分かってるから、こっちを選んだ。

で、結論、そっちを選べてよかった。


――――---------------------

今回、購入したのは上の写真に写ってるものだけです。


実はもう一枚、
気になってたコットンのシャツがありました。

が、ピンクベージュで色が薄く、汗じみが目立ちそうという理由で躊躇。

でも自分に似合って感じられたし、
色も好きだったし、
値段も4000円くらいで、別に高くもなかった。

だから「涼しい時期、もしくは夜限定で着るならどうよ?!」って、
わけのわからない計算もしてたのね。


でも迷った。

そういう制限つきのものって、
今までの経験からいうとなかなか手が伸びなくなっていくし、
そもそもわたしはこれにときめいているのか??!って、疑問があって。


「いや、ときめいてはいない…」

「(既に買っていた)ブラウスと比べると、フィーリングが全然違います…」


可愛いしわたしに似合うし便利そうだしお手頃な値段、

だけど「ときめいてない」なら、

ぶっぶー、
今回の企画からは外れます。


それが最終的に出した結論。



そのシャツを棚に戻したとき、
「ああ、わたしは今までなんて思考優位で服を選んでいたんだろう」
と思った。

ときめくかときめかないか、
ハートが望むか望まないか、
は、ほんとはめちゃくちゃシンプルだし、

欲しい物だけにかけるなら、実際お金はそこまで湯水のように使うことにはならん、たぶん。


そして、ときめくものだけが身の周りに残るんだ…。

サイコーだなぁ。



そして、

わたしは断捨離とか買い物とか繰り返していたけれど、
実はこのトライをやったのは初めてだなぁ、と気づいた。

すいません皆さん。
分かってませんでした、わたし。

ここまで「ときめき」の制限を厳しくかけて、
それでもアンテナに引っかかってきたものを思考を挟まず買う、ってやってなかった。


「これ着まわせるの?」とか
「同じようなの持ってない?」とか
「今もっと必要なものあるんじゃない?」とかいって、
結局買わないこと多かったし、

買うものも思考で妥協して選んだものが多いから、
結局ときめかないし仕方なく着るって状況になりがちだった。



で、今回はそこから派生して自分のスタイルについても考えが及んだよ。


わたしは、
コンサバティブなものには惹かれない。
尖ってるものにも、可愛くて子供っぽいものにも惹かれない。
デキる女や有閑マダム、セレブ、ヒッピーにも憧れない。


わたしが好むのは、
ナチュラルでゆるくて女っぽくてシンプルで、
でもどこかに刺繍や編み方などどこか凝っていてデザインがあり手がかかっているもの、
一点ものやアーティストもの、
どこかの社会や集団のカテゴリーに属さない、どちらかというと自由人の服、だ。

シンプルなパッチワークがされた、
Usedのだぼっとしたデニムとか、そういうのが好き。
(生地が薄くてストレッチ素材の見た目だけデニムとかは腹が立つくらい好みじゃない)


わたしが自分の「ときめき」に従って服を選ぶと、
そういうものばかりになる。
そういうものばかり集まってきてしまう。

そういう服ばかりのクローゼットならどれだけ嬉しいだろう。


わたしはそういう服ばかり着て生きていきたいな。



………。


…そういう服ばかり着て生きていけばいいんじゃん?




………!!!!!!



え、


まじで


それあり????




ぱっかーーーーーん!!!!!!


\(◎o◎)/!



最後までわたしの足を引っ張っていたのは、
意外にも「社会人としてちゃんとやらなければ」という思い込みだったみたい。
(いやこれが最後かわからんけどね)


今はふらふらしてるけど、
ちゃんと就職してOLっぽい感じになったときのため、
「ちゃんとした人」っぽく見られる必要があるときのため、
たとえばなんだろう、お見合いとか?(するのか。できないよあんたにゃ)
とにかく何かのときのために、
必要なんだ「ときめかないし好きじゃないし自分のスタイルじゃない服」が!!!

※たとえばフェミニンなフリルのついたUネックのカットソーや、
白いストレッチのパンツなど…。(OLさんぽいやつ)

って思ってた。笑


にしては、そういう服は一着も持っていないけれど(ちっとも好みじゃないので全捨て)、軸をぶらすんですよね、思い込みが。

結果、ときめきもせず「いざというとき」役にも立たない服、がたくさん集まる。



…要らん ( ;∀;)




ていうか。

そもそも、たぶんわたし普通に就職して、とかもう無理だよ?
取ってくれる会社、探すの難しいもん。
「ちゃんと」「いち社会人として立派に」とか、できないもん。( ;∀;)
うんこだもん…


…だったら、
バイトするにしろ自分でなんかやるにしろ、
好きな格好できるの前提で考えればいいだけじゃないか。


じゃあ、やっぱり「ときめき」で選んでもいいってことだ!?


やっほおおおおおい!!!!!!!


↑選択肢がなくなったため逆に道がクリアになり、復活した図。


フフフ。


いやぁ、長くなってしまいました。

まあ言いたかったことをまとめると、

「ときめき」を指針に服を選ぶと、
迷ったり悩んだりする時間が短縮されてエネルギーのロスが少なくてラクだし、
帰ってからもうれしい気分が持続するし後悔率は激減するし、
更には「自分の生き方への好み、スタイル」までうっすら見えてきちゃうよ~
(それで、どうするかまた岐路に立てるよ♥)

というお話でした。(←まとめが雑)



ご清聴、
まことにありがとうございました。



※今回の長文記事で申し上げているのは、
今ときめく服を今買えるなら買って今着る、(そこでとりあえずミッション完了)という意味ですので、
それが今後永久的にこの身の傍にあるかどうかはもちろんわたしにも約束できません。
飽きたら処分するでしょう。
が、ハートに従えたなら後悔しないと思うよ。


※※記事二回に分けてみたけどやっぱり長文、読んでくれてありがとう。




0 件のコメント:

コメントを投稿