2017年4月19日水曜日

視点をずらして視野を広げるんだ



わかった。

クリアな人、制限の少ない人、思い込みの少ない人、自由な人っていうのは、
周りから見てちょっとドライに見える部分もあると思う。



でも別に、

クリアになったからって、
すべて自分の思い通りに物事が動いたりとか、
大切な人を失ってもちっとも辛くないということではないんだ。


ただ、

人間的にはしんどくて苦しいことが起きたときに、

悲劇のヒロインぶったり、
周りからの同情や理解を求めたり、
ありとあらゆる余計なことに割く時間とエネルギーが少なくて、

苦しいまんま、
起こった物事や自分の感情を含めた現実を見ることができる人だ。


「苦しい、つらい。そしてわたしはどうしたい?」へと、
思考を瞬時に切り替えられる人。


つらいのをどうにかしようとするんじゃなくて、
ないことにして逃げたり
ほかの刺激で誤魔化すんじゃなくて、

つらいのはそのままそこにあるのを認めながら、
「じゃあどうしようか」と意識的に自分の在り方を決められる人。


ただ自覚的であるだけだ。



わたしは、それができるようになりたい。



そして、人間視点での「トラブル」や「不幸」が起きたとき、

「離婚、うけるー」
「リストラ、うけるー」
「病気、うけるー」
「逮捕、うけるー」
って、笑い飛ばしたいし、

すべてネタとして笑い飛ばしてくれる人を友人としたい。
心強いじゃないか。


普通に、心配されたり「大変だね」って同情されてもなんの役にも立たない。
不安エネルギーを上乗せするだけ。

(同情するなら金をくれだよまったく)
(そして、心からそう思ってない「大丈夫」はばれる)




まず先に、視点を上にとばす。

視点をずらして、視野を広げるんだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿