2017年4月26日水曜日

好きな人のために綺麗になろうなんて思わなくていい


好きな人、これから出会う特別な誰か、のために何かをする必要はない。


能力を磨いたり、
綺麗になろうともしなくていい。


そう考えるのは、
別に美しくも健気でもなんでもない。



「綺麗」にすらならなくていい。

ただ、自分に違和感のない自分であればいい。



こころに嘘はないか、
誰かに言われた言葉のために自分を裏切ってないか、
誰かに認められたくてやっていることはないか、

「本当のわたし」の感じ方で、これが「わたし」だと感じられるだろうか。



好きな人のために綺麗になろうなんて思わなくていい。



でも、

それはあなたの本来の姿と相違ないか、は確かめたほうがいい。


外見だってそう。
それが本来のあなたを表現するものかどうか。




わたしは、これだ。

これがわたしだ。


わたしはこの自分を表現したくて、
感じたくて、
そのために生まれてきたんだ。



そう思えるかどうかが自分の命にとっては唯一最大に重要なのであって、
他の誰かなどそれに比べたらどうでもいいことだ。



それが自分の子どもでも、
親でも、
恋人でも、
世界でも。

あなたがあなたでいようとするとき、気にするに足らない。


何一つ、
誰一人として脅かせるものはいない。



世界にはあなただけだ。





0 件のコメント:

コメントを投稿