2017年4月17日月曜日

「何もしたくない」が答えだったら慌てる


「私は何がしたいんだろう」と思ってる人は少なくないと思う。

ruもそうだし、そうだった。



じゃあその答えが、
「何もしたくない」だったらどうだろう。


慌ててしまわない?

「待って、待ってよ。それだけは困るよ。何かしたいことあるでしょ?!」
ってなってしまわない?



ってことは、
「私は何がしたいんだろう」の問いの根底には、
「私は何かしなくてはいけない」があるってことだよね?

何もしない、はなんでダメなんだろう。


深く掘っていくと、
「人からどう見られるか」が関わってきませんか。



「私は」とかいって自分に集中してるふりしてるけど、

実は、
周囲の目を気にして、
「何もしない」をする、は許せないってことだよね?




それだとやっぱり、
いつかまたスタートラインに戻ってくることになる。

スタートっていうか、
「私は本当は何がしたいんだろう」の問いに。




だからもし本当に自分の「本音」が知りたいのなら、
何にも先だって、

他人の目より、
自分を優先する、
自分の感覚を優先する、

って覚悟が必要なのかも。



その感覚が「間違って」て結果「失敗」したとしても、
その責任は自分でとる覚悟。


その責任をとりたくないから、
他人から認められそうなことの中から「私が本当はしたいこと」を探そうとしている
弱弱しい自分を見る覚悟。



「自分」に都合のいい「本音」なんて、
本音なわけないじゃん笑

つーかその「自分」て、社会からの刷り込みで構成された「自分以外の何か」ですからー!残念!斬り。



偉そうに言ったけど、
これは全部自分に言えることです。失敬。



0 件のコメント:

コメントを投稿