2017年4月18日火曜日

天宮玲桜さんと相川陽介さんfacebookライブ動画メモ シェア



天宮玲桜さんのfbライブ動画を観ました。
相川さんと他にも(経営者の?)男性が何名かいらっしゃって、お話しされてました。


スタバのティッシュにメモしたのがあるので、それシェアします。
順番とか、言葉とかはめちゃくちゃです。




●玲桜さんは10年くらい会社勤めもやっていたけど、人間(社会)ルールみたいのがすっぽり抜け落ちている。ルールを守れない。でもそれは、神様が玲桜さんのエネルギーを守るため、変な雰囲気の中に置いておかないため。生命力を落とさせないため。


●内側がめちゃくちゃだと外側もめちゃくちゃ。だから、「ふと」に従うをやり始めた最初の頃は、人に批判されたり嫌われたり離れて行ったりすることになる。でもそれを続けると自分がクリアになり、周りもクリアな人ばかりになる。(それ以外は一緒にいられない)


●政治家の人たちはクリア。いくら抗議デモとかやってる人たちがいても、政治家の人たちは影響を受けない。自分はやることあって忙しいし、政治家とはそういうものだと思っているから外からいろいろ言われても気にしない。「今日は賑やかですね」くらいの反応。自分がクリア=頑丈な家に住んでいると、嵐がきてもどうってことない。
↑これ、すごくニュートラルな視点で話されてるの分かってたけど、わたしはザワっとした。後で書きます。


●人は暗い人には近づきたくない。ご機嫌な人が好き。それは、魂の喜びだから。繁栄や幸福は人を伝わってやってくるものだから、ご機嫌な人が結局繁栄していく。


●happyちゃんはアイディアマンでもなんでもない、「ふと」を降ろしてるだけ。普通の人は、これやったらお金になるかとか得になるかとか考えて「ふと」をやったりやらなかったりする。happyちゃんはそれを徹底しているだけ。


●メニューを見ずに飲み物を選ぶところから。何が飲みたいのか、氷は何個入れるのか。頭をからっぽにするといいが、それを自我が邪魔する。損得や計算が邪魔をする。


●これが好きとかあれがしたいしたくないなどは、全部「思わされている」こと。ゆだねることが必要。先を考えて計画するというのは自我。


●チャイナマネーについて、ドバイで気づいたこと。7つ星ホテルのロビーでだらっと「家で野球見てるお父さんみたいに」寝てる中国人男性がいた。ホテルの人に注意されていたが、一回起きて携帯をくるくるっと回してまた寝た。日本人だとなかなかそれはできない。
→つまりめっちゃゆるんでる。だから「ふと」やアイディアがいっぱい降りてきて、それを実行したらお金がやってきて、結果ドバイの7つ星に泊まれる。それがチャイナマネーの理由じゃないか?


●じゃあなんで日本にいる中国人観光客はそう(ゆるくて自由な豊かさの塊のように)見えないのか。これに対して玲桜さんは、「中国だと気にならなかった」と。「日本のエネルギーと合ってないのでは」という旨のことをおっしゃってたように記憶してます。


●経営者の方やいろんな著名な方、「結果」を出してきた方の本も、言葉じゃなくてエネルギーで読め。その方のフィールドで実践(実戦)してるときは「ふと」や直感(魂)で動いているけど、文章を書くときには人間意識で書いていることもあるかもしれない。ちょうど玲桜さん(宇宙)と弥生さん(人間)の違いみたいな感じで。
※このときは、相川さんが、経営者の稲盛さんの言葉「売上最大、経費最小」を例に出して話してました。稲盛さんご自身がそれを常にやってるかといったらそうじゃないんじゃないかと。「ふと」で、割に合わないことやってるっしょ!と。


●男性が「ふと」をやるのは女性よりめっちゃ怖い。今まで学んできた知識のほぼほぼ全部が「間違い」だったってことになるし、信じられるものがなくなる。責任とらなきゃいけないっていう思考もあるし。でも、やることはおんなじ感じでした。



――――――――――---------------------



わたしのメモはそんな感じです。
箇条書きメモをもとに、今思い出して膨らませて書いてるので、細かいところや解釈に間違いがあるかもしれません。



全体の印象として、
男性と女性とでは、会話の雰囲気が全然違いました。

男性だとやっぱ硬いのね。
シンプルで、女性と比べると周囲の顔色(反応)を窺う感じがしない。


あと、競争エネルギーの出るフィールドが女性とは違うなって思った。
政治とか戦争とかの話題のときの雰囲気は、正直ちょっと怖くて鼓動が速くなった。

両性とも、不安や怖れのボタンを押すとピリッとするのはするんだけど、
するポイントと反応したときのエネルギーが違う。

男性はもっと戦いとか血とか、燃えてる感じとかバンとぶつかってくる感じで、
女性はちょっと冷たくて湿気があって、ドロドロ、もしくはねばねばしている感じかな。


って、
ちょっと変なこと書きすぎたかな(・∀・)?


もちろん動画は面白くて、上に書いたような「ネガティブ」なことばかり感じてたわけじゃないんですけど、今までは女性同士のやりとりばかり見ていたので、男性とのエネルギーの違いが顕著に感じられて、「怖い」っていう女性には感じたことがなかった感覚が特に印象に残ったという話です。

でもわたしの感覚でしかないので、さらっと流してくださいね。


――――---------------------


で、こっから個人的な感想。

長いしちょっと陰です。




個人的に、楽しい楽しいだけじゃなくて、
ザワっと反応した部分もありました。



上で書いた、「政治家はクリア」って部分。
「デモとかやっても聞こえてないし、影響受けてない」っていう旨の部分、
聴きながら、ニュートラルに「へえ、そうなんだ~」って思えなかった。


クリアな人は、外側に影響を受けにくい。受けない。
政治家はクリア。
よって、一般人が批判しても、政治家の人たちは自分のやるべきことに集中できる。




これ、めっちゃふつうのことゆってますよね?

でもわたしはザワザワした。


わたしは政治家(全体の一部だろうし、報道されているのもその人たちの一側面かもしれないし、わたしが誤解しているだけかもしれないけど)を信頼しておらず、ジャッジしてネガティブに思っている。


その認識と同時に、

わたしの中に「クリアな人=いい人」って変な思い込みがあったんだ。

しかも「いい人」っていうのは「わたしがいい人と思える人」ってことで、
前提として「いい人/悪い人」「善悪」の概念がまだ全然あるって気づいた。


「善悪」なんて、
そんなもんないって自分でも言ってるのにな。



でもこっから思ったのは、
すべての人がクリアになったとしても、
別にそれはすべての人が「いい人」になるわけではなく、
「その人自身」になるってことであって、

それはつまり、
「その人の魂が前もって決めてきた道(ストーリー)を生きる」ってことでしかない。


その中に、人を傷つけたり殺したりするイベントが含まれていないなんて、
誰も言ってない。


ただ、魂の望んだシナリオを(変な抵抗なく)素直に演じるアクターになる、
ってことじゃないかしら。


だからシナリオ通り演じた結果、
仲良くできる相手もいるだろうし、やっぱり分かり合えない相手もいるだろうし、
めっちゃのんびりした人生を歩むことになる人もいるだろうし、
とんでもない悲劇に巻き込まれたり逆にそれを起こす立場になる人もいるだろうし、
ってその程度の話。



なーんだ。


自我的には満足いかないけど、
社会において「エラー」「癌」役をするべく生を受ける人もいるかもしれないし、
もしかしたらそれが自分かもしれないし、別の誰かかもしれない。


自我的には満足いかないけど、今のところそういう結論。


まあ実際「全員クリア」が実現したら、どうなるのかはわかんないけどさ。
自我的にも「素晴らしすぎる」展開になるかもしれないけど。

それはどうでもいいや。



☆☆☆

で、実はもう一か所ザワっとしたのが、
相川さんがアイスランド(だったっけ?)からイタリアに戻る飛行機が、
テロの影響で遅延(キャンセルだったかも。戦争やテロは補償対象にならないというお話をされていた気がします)になったときの話。

話の中核は、その後のスケジュールやお金のことなんかでいろんな焦りがある中、
どんな風に自分を「いい気分」にして、
どうやって「ふと」に従っていったかってことなんだけど、


わたしはそれ以前の「テロ」のワードと、
相川さんの明るい(ちょっとふざけたような)テンションにザワついた。


え、

「テロ」だよ?

人死んでるんだよ?


まあ確かに自分がそれで悲しんだりしててもしょうがないし、
なんの意味もないし、
それよりは「いい気分」であろうとしたほうがどんだけ賢明な判断かわからん。


でも!!!!!!


テロの被害者に対して、
すこしの同情も見せないような態度はどうなの?

この人には血も涙もないのか


と感じてしまったわけです。



そこまで顕在意識化言語化して、
いや、まっとけと。


じゃあわたし、どんな風に相川さんが話したら満足なわけ?


罪悪感を感じたように、
少しすまなさそうに、
自分が被った損害に対して「でも人亡くなってるんだからそんなこと言ったら申し訳ないよね」みたいなエネルギー乗っけて喋ってくれたら、わたしはザワつかなかったのか?



…これ、
自分の罪悪感人にかぶせて見てるだけじゃん。


「自分が大事」「利己的」「自己勝手」「薄情」「冷淡」…
全部だめだってジャッジして、

自分は常識もあるし何よりココロが綺麗だから、
そんな思いやりないことやんないし言わないよって?

はぁ…




相川さんには、これ見せてもらって感謝ですね。



あと、外側は自分の内側の反映っていうのも、
わたしはまだ腑に落ちてないからこの発想なんですね。

外側を見てあの人が可哀想とか思って、
自分の感覚に集中して大事にすることをおろそかにする。



正直今書きながらもモヤモヤしています。

まあ、もう少しこの感情を眺めていよう。そばにいよう。





ていうことで、出すだけは出せたので寝ます♥

早くペンピなおれ♥





0 件のコメント:

コメントを投稿