2017年4月7日金曜日

外側に答えなんかない、のru的解釈



この世のすべてがメッセージとか、
他人の中に自分へのサインが含まれている、とか言うよね。


それって結局、
「自分が何に気(注意)を引かれるか」
ってことだと思う。


外側には莫大な情報の海が広がっていて、
その中でも自分にとって有意な情報に人は目をむける。
選択して、厳選して注意をむける。


要するに、

自分の内側にある、

劣等感や
満たされなさや
欲望
好み(嗜好)
誇りに思うこと

を刺激するものに、つい注意がいくってこと。



それに強く興味を持ち、
強く意識していればいるほど、
外側の世界に自分を刺激するものがたやすく見つかる。


赤が大好きな人は赤をいっぱい見つけるだろうし、
赤が大嫌いな人も赤をいっぱい見つけるだろう。

「学歴」というものを、
よくも悪くも意識する人は、
それに関わる発言や社会の流れによく目がいく。



そちらに意識を向けてフォーカスすると、
よりそちらの状況が詳しく具体的に見えてくる。
それは、自分から近づいてその中に入っていくのと同じ。
そこから広がる世界を体験することができる。



だから、別に外側の世界が、
わたしたちに対して特定の「答え」とか「メッセージ」を
用意してくれているわけじゃない。


わたしたちが、ピンポイントで「見つけて」いるんだと思う。


引っかかった何かを「答え」や「サイン」に「している」。

わたしたちが勝手に、反応しているだけだ。



まず、膨大無限な情報の中から、気になるかどうかで選別されているし、
(この時点では自分のフォーカスがどこにむきやすいのか気づいていない)

そのあと、
それにどういう意味づけをするかがわたしたちの権利として委ねられている。
(これにも大概の場合無自覚)

もちろん、スルーすることも全然OK。



だから、見えるものは自分の反映だし、
外側に何があるとしても(ないとしても)自分の内にあるものを見つける。
(それ以外には注意がいかないし気づかない)

わたしたちが外側を通して自分(の内側)を見ているというのは、
単にそういう意味ではないかなと思った。


そういった意味では、
たしかに自分の内側こそが宇宙だ。

外側に答えはない。

外側に意味なんかない。


自分が意味をつけるまでは、意味なんかない。


「外に答えを探しても見つからない」はその通り。

「問いが生まれると同時に答えも存在している、自分の内に」もその通り。

「求めれば与えられる」し、
「尋ねよ、さらば見い出さん」だ。


わからないわからないと言っていられるのは、
そう言いたいから。

とりあえず分からないふりをして、
外側を通して自分を見つける経験をしたいから、なのかな。




とりあえず主導権は圧倒的に自分にある。


とはいえ、コントロールはできない。



起きることが起きる、のをただ眺めて、
どんな意味をつけるか決めて、
(意味をつけない、という選択もある)
ただただ内側を整えて存在している、

ということを意識的にできる人が覚者なんだろう。



苦しい人というのは、
自分がどんな現象を好んで注意を向けているか、
現象に対してどんな意味付け(レッテル張り)をしているか、
に無自覚で、この世界でコロコロコロコロ転がされているような気になっている人。



ここまで書いてきて、

まあ救いがないような気もするし、
全然キラキラ感のない話だ。

わたしもそう思う。



わたしたちに残された自由意志、
「どんな意味づけをするか」に関しても、

「いい/悪い」「幸せ/不幸」は常に対になっている概念だから、
どっちかを望むなら、同時にもう片っぽを一生頭の隅に置いておかねばならないということでもあって、
「起こることが起こる」から、
自分の中の「いい」「幸せ」ばっかり起こるわけでもないんだよなあ。


まあ、それも含めて全部「いい」にできるなら、
心労はないだろうけどね。

でも「全部いい」なら、元からなーーーんにも意味はない、ともいえるしな。




とにかく、
内側の自分が何を望んでいて何を望まないのかに集中する、
それが外側に対して醒めていることにも繋がる気がする。





オチなし。

おわり。



※世界についての認識には、
もちろんもっともっと深みがあると感じていますし、
現時点の解釈が完成形だとは思ってません。
日々更新されていくと思います。

でも、現時点に思うことです。





0 件のコメント:

コメントを投稿