2017年6月20日火曜日

なんで?って聞かれても理由なんかないよ



拒絶されるのが怖い。

その怖れは、わたしの中にまだ根深くある。

焦りが排除できない。



タイミングを見計らい、
相手の都合を考慮し、
今までの流れから不自然ではないかを考える。

相手のためではなく、
自分が相手から、もしくは他者視点でどう見えるかを気にして。


客観性というのは本当にありえるのだろうか。
可能な概念なんだろうか。





たぶん人間すべてが経験済みであるはず。
未来のこと、
未確定のこと、
分からないことに対して「わかっている」と感じる感覚は。


誰かに「なんでそう言えるの?」と尋ねられても、
根拠をもって説明することはできないけれど、
「でもわたしはこうだと思う」と言いたくなる感覚は。


ただそうしたい衝動は。




思考の結果じゃない。

感情的になっているわけでもない。


わたしの中にもう既に答えがあって、
特定の状況におかれたときに「思い出している」だけなのだ。

もうわたしの中に答えがあるのだ。
絶対の答えが。
「なぜ」なんて問いは意味を持たない。


ただ「そうだから」だ。




拒絶される、
たぶん正確には「拒絶されたと感じる」ことが怖いのは、
やっぱりまだ自分の中の答えを信じられていないから。

他人は関係ない。

わたしがわたしを信じられていないから起こる怖れでしかない。



「間違いたくない」
「失敗したくない」

でも、自分の中の答えを外に出したことが、
「間違い」や「失敗」であることがあり得るだろうか。



自分の中の答えに×をつけて、
何回も嘘をついてきたから自分を信じられなくなった。

自分をわからなくなった。





拒絶されてもいい、と思いたい。


相手がわたしを拒絶したとしても関係ない、
傷ついたりしないよ、
まずはそう思えるようになること。


その次のステップが、
「傷つくって何?」ってなることであり、
そんなこと気にもしなくなることかな。




なんで?って聞かれても理由なんかないよ。

そばにいたい、
見てることでわたしをあげたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿